Fate-Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第1話、2話 感想

Home > 2019-10 / アニメ感想 > This Entry 

Fate-Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第1話、2話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】Fate-Grand Order
【公式】Fate-Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-


ゲームをプレイせずに予備知識ほぼゼロで見たFirst Orderは、自分が知ってるFateじゃないな、というのが第一印象でした。主人公が透明人間と言っても言い過ぎじゃないほどに個性がなく、それに加えてバックグラウンドも語られないから、好きにも嫌いにもなれないし、そんな彼にマシュがなぜか好意的なところに首を傾げたりもしつつ、とりあえず最後まで見た、というところ。今回は”絶対魔獣戦線バビロニア”ということで、いつのまにやら藤丸君たちは6つの特異点を修復しているようで、今回彼らが向かう古代メソポタミアが最後の特異点らしい。First Orderで特にのめり込んだりもしなかったのに今回見ることにした理由は2つ。1つはEpisode0を見たこと。以前はどういう存在なのか良く分からなかったマシュについて語られていて、FirstOrderを振り返ってみればなるほどと思う点があったこと。もう1つは、今回彼らが向かうのがギルガメッシュが統治する時代、という点ですね。自分が知ってるFate世界のギルガメッシュはFate/stay night、およびFate/Zeroに出てくる彼だけど、FGO世界ではどのように描かれているのかを見てみようか、といったところです。ついでに言えば、藤丸君のことも、もう少し掘り下げて欲しいですね。

https://abema.tv/video/title/26-80

それでは、第1話。視聴開始


第1話


雨の中、倒れている緑色の髪の女性を抱き上げるギルガメッシュ。
やがて女性の体は崩壊していき、彼は涙を流す。
場面は変わり、ギルガメッシュは神殿の屋根から空を見上げる。

”ほぅ。たどり着くか、カルデア。”
”ならば来るがよい。神の世と人の営みが交わるこの大地へ。”
”人類最後のマスターよ”

カルデアだとかマスターの存在を英霊となる前のギルガメッシュが
知っている?どういうことだろう…


第七特異点へのレイシフトの準備が完了。



これまで彼らが旅をしてきた6つの地。
そして最後の地、第七特異点は紀元前2600年。古代メソポタミア


レオナルドが登場。
彼らが向かう地についてレクチャーをしてくれる。


レイシフト開始。


森の中で佇む緑色の髪の女性
一方、なぜか空から降ってくる藤丸君達。
マシュに頼るしかない彼。
そして宝具の力を借り、マシュはロード・キャメロットを展開。


彼らが降り立ったのは廃墟。
転移するはずだったウルクには防御結界が張られているらしい。
強制的に退去させられて空から降ってくる羽目になったようだ。
カルデアとの通信も途切れてしまうが…


周辺を調べ始めた矢先、魔獣達が集まってくる。
この程度の数ならマシュの敵ではないが…


廃墟から立ち去る事にしたところ、なぜか上方から人の声が。
見上げて驚く藤丸君。
避ける間もなく珍妙な格好をした女性の尻に敷かれてしまう。


勝手に降ってきて藤丸君をクッション代わりにしたのに、
”この私の体に断りもなく触れるなんて、どの街の人間?”
と、妙に偉そうな女性。異邦からの客人?ということで
許してもらえたのか?

藤丸君たちが自己紹介するも、彼女は名乗る気がないらしい。
何か大切なものが落ちてなかったか教えろ、と言うが…
どうやら大事なものを落としてしまったようだ。


いつの間にか魔獣たちに囲まれている。
”危険です。下がって”と藤丸君に言われて…
”下がっているのは、貴方達のほうよ”と名無しの女性。

残る魔獣を協力して倒そうとするも、女性は…
”この程度の魔獣に手こずるようなら、人理修復なんて夢のまた夢。
せいぜい頑張りなさい”と言い残して空を駆けて去ってしまう。

”人理修復”という言葉が出てくるあたり、藤丸君たちが
何者なのかを理解しているということか?


完全に囲まれてしまった藤丸君たち。
今度は数が多すぎるようだ…
そこに緑髪の女性が登場。
”お会いできて光栄です。カルデアのマスター。
僕の名前はエルキドゥ
この神代にて、あなたたちの到来を待ち続けてしました”


魔獣たちを片付け、傍にやって来たエルキドゥ。
”僕の事はそちらの魔術師が詳しいのでは”、と、
カルデア側のことを言っている様子。
なにやらこちらの事情にも詳しいようだが…


”ギルガメッシュが天の楔として神々に作られた人と神の混血なら、
 エルキドゥはそのギルガメッシュを神々側に戻すために作られた
 天の鎖。ギルガメッシュ王さえ破壊できなかった正しい心と道徳を
 もった英雄さ”とロマン。


エルキドゥがウルクに案内してくれる事になり、道中色々と話し
をすると、こちらの目的はほぼ正確に理解していて、迎えに来て
くれたらしい。加えて、メソポタミアの現状も語る。三女神同盟により
メソポタミアの大部分が奪われ、人々はウルクに避難しているようだ。

神々の目的は人類の抹殺。そのうちの1柱によって作られたのが
先ほどの魔獣。人類が対抗して作り上げたものを道中見せてくれる
ということだが…



彼らが見下ろす先にあるのは”絶対魔獣戦線バビロニア”。
神々の作った魔獣に対する防御壁だろうか。
壁の向こうがウルクで、眼下に見える無数の点は魔獣たちか。


静かな森の中。人影が二つ
”あぁ、来たみたいだね。人類最後のマスターが”

--------------------------------------------

第二話


案内された眼下の防御壁は大勢の兵士達に守られている。
絶え間なく魔獣たちが押し寄せ、攻撃し、尽きる事はなさそう。
エルキドゥはなぜか他人ごとのような口ぶり。


森の中を行く道中、ウルクへ向かう道とは違うのでは、とマシュが
問うと、川を船で下るのだという。そこへ、道に迷ったという二人連れ
が現れ、彼らに同行することになるが、エルキドゥの名前を聞いた
迷い人は”それは困ったな”と言う。



迷い人が言うには、今メソポタミアを治めるギルガメッシュは友である
エルキドゥの死により不老不死の礼装探索を終えて戻ってきた後の王。
だから、既にエルキドゥは…。その後を言い終わらない内にエルキドゥは
攻撃を放つ。


マシュと2人連れのうちの1人、アナとがエルキドゥと戦闘。


マシュたちはエルキドゥの鎖に絡め取られてしまうが、
”あなたを打ち倒す必要はありません”とアナが言うと、
鎖は無数の花びらと変じ、彼らはエルキドゥの眼前から
姿を消す。アナの魔術によるある種の眼くらましだったのか、
エルキドゥは戦闘途中から夢を見せられていたらしい。

してやられた形のエルキドゥだが…
”今回はしたかたない。丸一日彼女を一人にもしておけないしね”
と、独り言。


エルキドゥのみならず、マシュと藤丸君も眼前の敵が消えて呆然。
”子供を騙すようで気が引けたけど、相手はエルキドゥだ。
 あの少年こそ魔術王直属の配下だと言えるからね”と旅の者。

彼の発言に驚く藤丸君だけど、エルキドゥこそが多くの城砦都市を
滅ぼした張本人らしい。そして、やっと自己紹介。不思議な形をした
杖を持っているのがマーリン。頭巾のようなものを被っているのがアナ。
2人ともサーバント?

自己紹介を聞いていたらしいカルデアのロマンが酷く驚いているが…


マーリンはアルトリア・ペンドラゴンを王として担ぎ出した宮廷魔術師で、
理想郷アヴァロンの中に塔を作り、そこで死ぬことなく世界を見渡し続けて
いるらしい。生きている者は英霊にはなれないはずだが、この時代は
彼が生まれる前で、”存在していない”ことは”死んでいる”のと同じことだ、
という理屈のようだ。マーリンはこの時代のマスターに呼ばれ、宮廷魔術師
として仕えていて、アナは聖杯の影響によって呼ばれたマスターを持たない
はぐれサーバント。夜が明けたらウルクへ向かうことに。

マーリンは塔の中で藤丸君たちのこれまでの戦いを見つめ続けてきたみたい
だけど、彼らの為に一肌脱ごう、ということだろうか。全てを見渡す事ができる
といっても、時を越えてカルデアの抱える問題まで理解して、英霊化までして
バビロニアで藤丸君たちを待ち受けていた、というのなら、もう少し説明が
必要な気がするね。


彼らがやるべきことは、この時代に送られた魔術王の聖杯探索と
三女神同盟を打倒すること。


商人の資格を持っている?マーリンに連れられて
藤丸君たちは難民として都市の検問をくぐる。


人類最古の城塞都市ウルクの中へ。


都市中央の神殿”ジグラット”。
中ではギルガメッシュが真面目に王としての仕事の最中だ。


”魔術師マーリン、お客人をお連れした”と声を上げる。
彼が仕えているのはギルガメッシュか?
だとしたら、マーリンを召喚したのも彼なのか?

藤丸君たちの紹介さえ聞かぬうちに
”俺は忙しい。言葉を交わして貴様らを知る時間も惜しいほどにな。”
 よって、戦いをもって貴様らの真偽を計る”とギルガメッシュ。
イキナリ戦うことになりそうなところで幕。

----------------------------------------------

第1話の冒頭でギルガメッシュが倒れた緑色の髪の女性?を抱き、徐々にその体は崩壊していったように見えたけど、これがエルキドゥだったようですね。その後ギルガメッシュは死というものに対するおそれからか、不老不死の礼装探索の旅に出て、エルキドゥはどういう訳か復活して魔術王の配下となり、多くの都市を滅ぼしてギルガメッシュと敵対することになった、ということでしょうか。どのように復活して、なぜ友であったはずのギルガメッシュの支配を脅かすような行動をするのか、今後明らかになってくるでしょうか。

ギルガメッシュについてもまだ謎だらけですね。マーリンの言葉によれば、この時代のマスターによって召喚されて、宮廷魔術師として仕えている、ということだったから、マスターはギルガメッシュということになりそうだけど、なぜ彼がマスターとなり、サーバントを召喚する事ができたのか。魔術王によってこの地に送られたらしい聖杯が関係しているんだろうけど、Fate/stay nightとFate/Zeroの知識しか持たない自分にとっては、ギルガメッシュがマスターだというのは少し不思議なのと同時に、面白い設定だと思います。

セパレートの水着にデコレーションを施したような珍妙な格好の女性は三女神の一人でしょうか。だとするなら、今後、彼女と対峙する機会もありそうですが、神と戦って倒せるものなんでしょうか。あと、彼女の容姿はどうみても遠坂凜にしか見えない点にはなにか理屈があるんでしょうかね。

もたもたしているうちに出遅れてしまい、既に3話が放送されていますので、
1,2話についてはこの辺で。それでは、また。


関連記事

閲覧履歴

Anime Square | Page Top▲

New >>
Figuarts-mini Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- マシュ・キリエライト(バンダイスピリッツ)
<< old
「のうりん」全話いっき見ブルーレイ(フロンティアワークス)
ブログ検索
-------------------------

日付検索

   

カテゴリ
BD・DVD情報
CD情報
抱き枕
他グッズ
ゲーム
コミックスINDEX
限定本
アニメ関連書籍
ライトノベル発売予定
画集・FB等
雑誌
その他書籍
フィギュア
フィギュア(グッスマ)
フィギュア(壽屋)
フィギュア(キャラアニ)
フィギュア(マックス)
フィギュア(アルター)
フィギュア(スカイチューブ)
フィギュア(メガハウス)
フィギュア(WAVE)
フィギュア(オーキッドシード)
フィギュア(グリフォン)
フィギュア(Freeing)
フィギュア(プラム)
フィギュア(海洋堂)
フィギュア(アイズ)
フィギュア(ファット)
フィギュア(オルカトイズ)
フィギュア(Gift)
フィギュア(キューズQ )
フィギュア(ペンギンパレード)
フィギュア(アクアマリン)
フィギュア(ブロッコリー)
フィギュア(ダイキ工業)
フィギュア(ウイング)
フィギュア(アルファマックス)
フィギュア(DRAGON Toy)
フィギュア(その他)
コミックス
コミックス:電撃コミックス
コミックス:アライブ
コミックス:フラッパー
コミックス:ジーン
コミックス:ドラゴンコミックスエイジ
コミックス:ジャンプ
コミックス:ヤングジャンプ
コミックス:少年マガジン
コミックス:ヤングマガジン
コミックス:月刊少年マガジン
コミックス:少年サンデー
コミックス:ゲッサン
コミックス:カドカワコミックスA
コミックス:チャンピオンRED
コミックス:ヤングチャンピオン
コミックス:少年チャンピオン
コミックス:ビッグガンガン
コミックス:ヤングガンガン
コミックス:ガンガンJOKER
コミックス:ガンガンONLINE
コミックス:Gファンタジー
コミックス:少年ガンガン
コミックス:まんがタイムKR
コミックス:芳文社コミックス
コミックス:まんがタイム
コミックス:百合姫コミックス
コミックス:REXコミックス
コミックス:ぱれっと
コミックス:ZERO-SUM
コミックス:DNAメディア
コミックス:ジェッツコミックス
コミックス:アフタヌーンKC
コミックス:モーニングKC
コミックス:イブニングKC
コミックス:シリウスKC
コミックス:KCデラックス等
コミックス:マガジンエッジ
コミックス:ブレイド
コミックス:アース・スター
コミックス:リュウコミックス
コミックス:サンデーGX
コミックス:ビッグコミックス
コミックス:GUM COMICS
コミックス:星海社
コミックス:ファミ通クリアコミックス
コミックス:ヤングキング
コミックス:メテオCOMICS
コミックス:ゼノンコミックス
コミックス:ヴァルキリーコミックス
コミックス:エッジスタコミックス
コミックス:キューン
コミックス:アクションコミックス
コミックス:ヒーローズ
コミックス:サイコミ
コミックス:ニチブンコミックス
コミックス:モンスターコミックス
コミックス:バンブーコミックス
コミックス:ガルドコミックス
コミックス:ハルタコミックス
コミックス:バーズコミックス
コミックス:ビームコミックス
コミックス:HJコミックス
コミックス:バンチコミックス
コミックス:コロナコミックス
コミックス:サンデーうぇぶり
コミックス:ビーツコミックス
コミックス:ジーンLINE
コミックス:アルファポリス
ニュース
アニメ感想
未分類
RSSフィード