ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第11話 感想

Home > 2019-09 / アニメ感想 > This Entry 

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第11話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
【公式】ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
【前の感想】第10話 感想





遺物盗難の痕跡を調べていたルヴィアとシシゴウは、魔眼蒐集列車で起きた殺人事件を受けて、被害者のトリシャの友人宅を訪れていました。問題はなぜトリシャが7年前の連続殺人事件を調べていたのか、ということだったけど、彼女の友人の話しによれば、”心臓を持たない男”と呼ばれる人物が天体科ロードの依頼で7年前に聖杯戦争について調べていたらしく、その男の義理の妹はアダシノさんのことである可能性が高そうでした。このあたり、聖杯戦争と連続殺人事件がどう関係しているのか、説明不足な気がするところ。

そして、アダシノさん。列車の乗客を集めて事件についての推理を始めました。7年前の同一手口の連続殺人事件の聖堂教会側捜査官がカラボーであったことを指摘。さらに、彼の魔眼であれば、”見たものを事実として世界に浮かび上がらせる力”によってトリシャを離れたところからでも殺害できた、とも。眼を覚ましたウェイバーがアダシノさんの推理に疑問を投げかけるも、魔眼蒐集列車の副支配人によってその力が実際に彼の魔眼にあることが証明され、カラボーは実質的な容疑者として扱われる事に。

アダシノさんの推理が正しいのかどうかはともかく、彼女に対抗しようにも手がかりがないように思われたけど、トリシャが胸に着けていたブローチ?のことをグレイさんが思い出し、どうやらこれが重要な意味を持つようでした。

前回はところどころ話しの繋がりが分かりにくかったりしましたが、回復したウェイバーが色々と紐解いてくれるでしょうか。

それでは、今回で第11話。視聴開始。




11 残像とオークション


ヘファイスはイスカンダルの第一の腹心で、だからこそ困惑している、
というウェイバー。彼が征服王の固有結界の中で見た戦士達の中に
ヘファイスはいなかったことが引っかかってるようだ。

ここ、Fate/Zeroを見てた人はヘファイスが名乗り出てきた時、
皆感じてたところだろうね。


メルヴィンが運営側と交渉してオークションの開催を遅らせたらしい。


ウェイバーはオルガマリーの客室へ。彼女に問われ、
トリシャを殺したのも、聖遺物を盗んだのも、
英霊のマスターも、全て同一人物だ、と断言。
改めて彼女に協力を要請すると、平手打ちを喰らってしまう。

アダシノさんの推理の時は黙り込んでた彼女だけど、
親である天体科のロードは彼女に関心がないようだし、
付き人のトリシャも殺されて苦しんでるのか、彼女は言う。
努力して認められたって顔をしてる奴、
他人に認められる必要なんかないと自己完結してる奴が嫌いだと。
立ち上がろうとしているウェイバーを見ていると、
法政科のアダシノさんに屈してしまった自分が惨めになってくるようだ。

ウェイバーはかつてケイネスから聖遺物を盗みだした頃の昔話を聞かせ
たうえで彼女に問いかける。
”勝ってみたくないか、オルガマリー。
 従者を殺されたままで泣き寝入りなどしないのが自分なのだと、
 世界に向かって証明したくないか”

ロードの娘としてでなく、オルガマリー個人に対する問いかけが
彼女の心に響いたのか、彼女は取引に応じる。


シシゴウの車でどこかに向かうフラットとスヴィン。
ライネスからの依頼の”新しい課題”を受け取ると…
”確かにこれは僕達向きの仕事だ”と二人。

前回ルヴィアと二人で得た情報を受けて動いているのなら、
”心臓を持たない男”のことだろうか…



トリシャが彼女の父親の情報源を追って殺されたとオルガマリーに
話をする。聖杯戦争も魔眼蒐集列車もトリシャの想い出も、
何もかもが幻で、影だけが取り残されている。まるで残像だ、という彼女。
彼女の言葉に何を思ったのか、”あぁ、それだ”とウェイバー。


ルヴィアに電話で依頼。
天体科のロードがなぜ聖杯戦争の事を知るに至ったのかの調査だ。
ロードは誰かに動かされたとウェイバーは考えているようだ。


天体科で作った擬似環境モデル。
地球儀に霊脈を表示させたようなものか。

これを見て”順番の問題か。今度こそ捕まえたぞ。
どうして気づかなかった”とウェイバー。

さらに…”ヘファイスティオンが女だとか。アイオニオンヘタイロイに
いなかったとか。そこは問題じゃない。問題は、どうしてあれが
ヘファイスティオンを名乗ったか
だ!これは事件なんかじゃない。
かつて事件だったものの残像だ。”…ということだが…。

そして、生首のほかに虚数空間に隠されていたものがあるのでは、
と問われてオルガマリーはトリシャが胸に着けていたブローチ
取り出す。これでアダシノさんの推理は全て覆るらしいけど…。



オークション開始直前。カウレスとなにやら打ち合わせ。
ウェイバーが手にもった何かが意味ありげにクローズアップされるけど…
タバコ入れ?それともICレコーダーかなにか?


いよいよ始まったオークション。カラボーの魔眼が今回のメイン。
あっという間に値がつりあがり、アダシノさんが2億3千万ドルを
提示したところで決まるかと思われたけど、ここでウェイバーが
手を上げる。メルヴィンが過熱しすぎだと主張し、一時休憩を提案。


ウェイバーに詰め寄るメルヴィン。
カラボーの魔眼は法政科の管理下にあって、アダシノさんは資金を
気にせず落札が可能らしいが、彼女がオークションに集中している隙に、
ウェイバーは切り札を準備するつもりらしい。


オークション再開、そしてさらに値が上がっていく。
イヴェットが4億1千万を提示したところでアダシノさんは手を引く。
イヴェットが5億を出したところでウェイバーも躊躇するが…
その時、シガレットケース?の中心が光り始める。


ここで声を上げるウェイバー。
”トリシャ・フェローズの死について明らかにしたい事がある”


アダシノさんの推理はロジックとしては穴だらけでも、それに間違いは
ない。だからこそ、まずはこれを見ていただきたい、と持ち出してきた
のはトリシャの首。

まずは7年前の連続殺人から。
首は切り離され、盗まれた。トリシャが虚数空間に首を隠したように、
首を切られた事が死を意味するわけではなく、優れた魔術師なら首
だけで生かし続けることが出来、首の本来の主が持っていた魔眼を
使う事ができるらしい。

そしてトリシャ。連続殺人犯が被害者全てのの魔眼を手に入れていた
なら、聖杯戦争の事を知ることも出来た。だからカラボーやウェイバー
に接触しようとした。

カラボーが犯人だという事は否定しないのか?と言うアダシノさん。


そこでウェイバーが取り出したのは例のブローチ。

制御できていない魔眼なら、魔眼返しで操る事が出来るらしい。
カラボーの魔眼に干渉した第三者の情報がアダシノさんの推理には
意図的に欠落している、と指摘。トリシャは未来視でカラボーと出会う事
を知り、この列車に乗り込み、7年前の真相を知ろうとして殺された。
真犯人がカラボーを操り、7年前の事件とトリシャの殺人を犯した。
それが可能で、動機もある人間が一人だけ存在する、とウェイバーは言う。

そこでアダシノさんが手で印を結ぶ?と、トリシャの目(魔眼?)から
紫色の光が湧き出し、カウレスの周りに二重の輪を作る。

-----------------------------------------------

最後のシーンを見ると、まるで真犯人はアダシノさんのように見えるね。
トリシャの頭部はまだ生きていて、彼女の魔眼をアダシノさんが操った
ことで紫色の光が湧き出したんでしょうか?それとも、彼女はウェイバー
の言葉を受けて、魔眼への干渉が可能であるかどうかのの実演でもして
見せたのでしょうか?

ウェイバーの発言が真実だとするなら、カラボーは第三者によって魔眼の
干渉を受け、本人の知らぬ間にトリシャを殺していたということなんでしょう。
その第三者がカラボーを利用してトリシャを殺した理由は七年前の事件を
探っていたからだとして、その第三者は何者か、ということだよね。

天体科のロードの依頼で聖杯戦争のことを調べていた”心臓を持たない男”
が気になるけど、”義理の妹が列車に乗り込んでいる”という前回のルヴィアの
話の直後に画面に映されたのはアダシノさんでした。一見すると、
”心臓を持たない男”の義理の妹はアダシノさん、という印象を持たせる描き
かただったから、彼女が間接的な関係者のように見えたんだよね。
”心臓を持たない男”が連続殺人にも関わっていたのだとすれば、
アダシノさんは殺人犯の身内ということになって、連続殺人がどのように
行われたのかを知り得た可能性が出てきて、トリシャを殺す動機もありそうな
気がしてきます。問題は、”心臓を持たない男”が連続殺人犯だと判断できる
根拠が見つからないことでしょうか。

トリシャを殺したのも、ヘファイスを召喚したのも、聖遺物を盗んだのも同一人物
とウェイバー考えているようだけど、盗んだ聖遺物でヘファイスを召喚した人物が、
なぜトリシャを殺すのか。ここまでの情報だと、連続殺人犯が聖遺物を盗んで
ヘファイスを召喚し、ウェイバーをこの列車に呼んで、トリシャを殺した、
ということになってしまって、首を傾げてしまいます。ヘファイスの召喚とウェイバー
を列車に呼ぶことが、どうしても連続殺人やトリシャ殺しに繋がっているように
見えないんだよね。ここがスパッと繋がるような情報は既にテーブルの上に
あって気付けないでいるだけなのか、それとも、これから出てくるのか…。

ラストシーンの意味ありげな行動や関係者かと思わせるような情報でアダシノ
さんが怪しく見えてるけど、まず怪しそうに見せている人物は真犯人などでは
ないだろうし、そうなると新たな情報が欲しいところ。
フラットとスヴィンがシシゴウと共に向かう先で何が起こるのか。
ルヴィアに依頼した調査の結果がどんな意味を持つのか。
まぁ大分混乱気味なのでこれ以上考えても意味はなさそうだけど、
連続殺人と聖杯戦争の繋がりが見えないことがじれったいね。
とりあえず次回を待つしかなさそうですが。

それでは、今日はこの辺で^^/


関連記事

閲覧履歴

Anime Square | Page Top▲

New >>
May’n 『graphite/diamond』(ストレイキャッツ)
<< old
転生したらスライムだった件 リムル=テンペスト (ファット・カンパニー)
ブログ検索
-------------------------

日付検索

   

カテゴリ
BD・DVD情報
CD情報
抱き枕
他グッズ
ゲーム
コミックスINDEX
限定本
アニメ関連書籍
ライトノベル発売予定
画集・FB等
雑誌
その他書籍
フィギュア
フィギュア(グッスマ)
フィギュア(壽屋)
フィギュア(キャラアニ)
フィギュア(マックス)
フィギュア(アルター)
フィギュア(スカイチューブ)
フィギュア(メガハウス)
フィギュア(WAVE)
フィギュア(オーキッドシード)
フィギュア(グリフォン)
フィギュア(Freeing)
フィギュア(プラム)
フィギュア(海洋堂)
フィギュア(アイズ)
フィギュア(ファット)
フィギュア(オルカトイズ)
フィギュア(Gift)
フィギュア(キューズQ )
フィギュア(ペンギンパレード)
フィギュア(アクアマリン)
フィギュア(ブロッコリー)
フィギュア(ダイキ工業)
フィギュア(ウイング)
フィギュア(アルファマックス)
フィギュア(DRAGON Toy)
フィギュア(その他)
コミックス
コミックス:電撃コミックス
コミックス:アライブ
コミックス:フラッパー
コミックス:ジーン
コミックス:ドラゴンコミックスエイジ
コミックス:ジャンプ
コミックス:ヤングジャンプ
コミックス:少年マガジン
コミックス:ヤングマガジン
コミックス:月刊少年マガジン
コミックス:少年サンデー
コミックス:ゲッサン
コミックス:カドカワコミックスA
コミックス:チャンピオンRED
コミックス:ヤングチャンピオン
コミックス:少年チャンピオン
コミックス:ビッグガンガン
コミックス:ヤングガンガン
コミックス:ガンガンJOKER
コミックス:ガンガンONLINE
コミックス:Gファンタジー
コミックス:少年ガンガン
コミックス:まんがタイムKR
コミックス:芳文社コミックス
コミックス:まんがタイム
コミックス:百合姫コミックス
コミックス:REXコミックス
コミックス:ぱれっと
コミックス:ZERO-SUM
コミックス:DNAメディア
コミックス:ジェッツコミックス
コミックス:アフタヌーンKC
コミックス:モーニングKC
コミックス:イブニングKC
コミックス:シリウスKC
コミックス:KCデラックス等
コミックス:マガジンエッジ
コミックス:ブレイド
コミックス:アース・スター
コミックス:リュウコミックス
コミックス:サンデーGX
コミックス:ビッグコミックス
コミックス:GUM COMICS
コミックス:星海社
コミックス:ファミ通クリアコミックス
コミックス:ヤングキング
コミックス:メテオCOMICS
コミックス:ゼノンコミックス
コミックス:ヴァルキリーコミックス
コミックス:エッジスタコミックス
コミックス:キューン
コミックス:アクションコミックス
コミックス:ヒーローズ
コミックス:サイコミ
コミックス:ニチブンコミックス
コミックス:モンスターコミックス
コミックス:バンブーコミックス
コミックス:ガルドコミックス
コミックス:ハルタコミックス
コミックス:バーズコミックス
コミックス:ビームコミックス
コミックス:HJコミックス
コミックス:バンチコミックス
コミックス:コロナコミックス
コミックス:サンデーうぇぶり
コミックス:ビーツコミックス
コミックス:ジーンLINE
コミックス:アルファポリス
ニュース
アニメ感想
未分類
RSSフィード