ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第9話 感想

Home > 2019-09 / アニメ感想 > This Entry 

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第9話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
【公式】ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
【前の感想】第8話 感想





前回、魔眼蒐集列車で起きた第一の殺人事件は謎のままで、
犯人の痕跡がないことが分かっただけでした。殺されたトリシャの魔眼を取り出すために頭部を持ち去った、というのは憶測の域を出ないし、魔眼目当ての殺人に見せかけようとしているのか、あるいは、犯人自ら魔眼を取り出して未来視の力を使おうというのでしょうか?そんなに簡単につけたり外したり出来る物なのかはわからないけど、犯人については他に考える材料がなさそう。

ウェイバーと招待者との接触については、驚きの展開でした。指定の時間・場所に行ってみれば、そこに現れたのはサーバント。しかも、イスカンダル第一の腹心を自称。おそらくは盗み出したイスカンダルの遺物を利用して招待者が彼女(ヘファイスティオン)を召喚したのだと推測していますが、招待者は一体何者でしょうか。ライネスからの依頼で動いているルヴィアとシシゴウの調査からは、今のところ身内のセンが濃いようでしたが…。

それでは、第9話。視聴開始。




9 巫女と決意と腑海林の仔


師匠がまだ眠っているベッドの端で睡眠をとるグレイさん。
ヘファイスの夢を見ていたようだけど、
ヘファイスが何かをイスカンダルに問いかけている。
これは彼女の記憶?だとして、召喚者ならともかく、
なぜグレイがヘファイスの記憶を夢で見るのか…。


サーバントとの遭遇をオルガマリーに話す2人。
サーバントなら、召喚したマスターがいるはず、と彼女。
盗まれたイスカンダルの聖遺物でサーバントの召喚が
行われた可能性に気付く。本来は隠すべき真名を名乗り、
クラスがわからない点が疑問
としての残る。



その頃、魔眼蒐集列車の車掌が異常に気付く。
線路に細工され、アインナッシュの仔?に向かっているらしい。
魔術的な線路が実体としての線路から引き剥がされて
強制的に森の中へと向けられたということ?
列車は白くかすむ森の中へ突っ込んでいく。


列車の異常にも動じず、冷静なアダシノさん。
”さすが我が古巣。予測の未来視なら、
全く前フリのなかった事故は見抜けない。しかし…”


トリシャはこの事故が起こる未来を見てしまう可能性が
あったから消された、ということ?
”我が古巣”ってどこのことだろう…



列車が停止し、外を見れば、吹雪いている。
アインナッシュの仔に突入した旨のアナウンスが。


有志の者が数名、列車の進行方向を開けようと魔術を放つが、
どこからか伸びてきたしなる枝に串刺しにされてしまう。
森自体が意思を持って列車を閉じ込めようとしているのか?


オルガマリーは部屋に結界を張って事態が終息するまで
立てこもるつもりのようだ。


その頃、シシゴウたちが向かったのは時計塔の情報通。
料理番組の講師?、ジャン・マリオ。
7年前にロンドンで首のない魔眼持ちの死体がいくつも見つかったらしい。
同じ話をトリシャも先日聞きに来ていたようだ。

首なしの死体になったトリシャ自身が
首なしの殺人事件について調べていたのか?



列車の外から血を吐きながらグレイに呼びかけるメルヴィン。
乗り込む事にしたのはいいけど、
ヘリコプターが森に呑みこまれてしまったようだ。


話がある、とやって来たのは車掌、カラボー、イヴェット。
列車を動かすために力を貸して欲しい、ということらしい。
この森はそれ自体が思考し、捕食する生物のようなもので、
同じ名の上級使徒?が操る固有結界ではないかとも言われている。
この地の主要な霊脈を見つけ出せば、霊脈を活性化させ、
列車を動かす事ができるようだ。


彼らに協力することにしたグレイとメルヴィン。
カウレスはウェイバーの面倒を見ていることに。

メルヴィンはバイオリンを取り出すと、皆の魔術刻印の調律。
音で魔術回路を活性化させているようだ。


列車の外へ出て、森の中へと向かう4人。
その様子を車内から見ているアダシノさん。



イヴェットが魔眼の力で霊脈を探知し、カラボーが霊脈を活性化。
途中でグレイが抜けた後も順調に仕事をこなしていき、
霊脈が動き出す。



アッドの警告で同行の3人と別れると、一人になるのを
待っていたかのようにヘファイスが現れる。
グレイと切り結ぶ彼女は剣で対等に渡り合える相手に
出会えて嬉しそうだ。




部屋で一人考え事をしていたオルガマリー。
霊脈の活性化で動力が急に復活した列車に体勢を崩したとき、
宙に浮くように施された術式を発見。
しかも、彼女の魔術刻印と反応しており、トリシャの術式のようだ。

次元ポケット?を開くと、そこから出てきたのはトリシャの頭部?
ベッドの下に監視用の蛇を仕込まれていたらしく、
待ってましたとばかりにアダシノさんが室内へ。
”あぁよかった。見つけれくれたのですね”と彼女。
まるでこうなるのが分かっていたかのような口ぶりか。


霊脈の支配権を奪われた森が耐え切れず、雪崩が発生。
だが、この機会を逃すつもりのないグレイは戦闘続行を選ぶ。

------------------------------------------------


手がかりの全くないトリシャの殺人だったけど、
列車の動力が動き出した際にオルガマリーの見つけた術式
の中から首が出てきました。しかも、そのトリシャが7年前の首なし
殺人事件について調べていたというのだから、おかしなことに。
自分の首を落とす術式を自分で仕掛け、しかも、生首を術式の
中に隠すようにしていた、ということなのでしょうか。
アダシノさんは何かを知っていたかのようにオルガマリーの部屋
に監視の蛇を仕込んでいたようだけど、なにかヒントになるような
材料があっただろうか…。

列車が森に突っ込んだ時のアダシノさんの言葉も気になりますね。

”さすが我が古巣。予測の未来視なら、
全く前フリのなかった事故は見抜けない。しかし…”

未来視を持つトリシャなら、前フリのある事故は見抜けた。
だからトリシャは殺された、と考えるなら、上の術式を仕込んだのは
トリシャ自身ではなくなるのか。それとも、トリシャが何らかの理由で
施した術式を何者かに利用されたということ?

あと、列車をアインナッシュに引き込んだのは何のためだったん
でしょうね。これを予知させないためにトリシャを殺したのだとすれば、
この森で何かが起こらないといけない気がするけど…。
脱出までに時間がかかる事を想定して、列車を遅らせようとして
いたんでしょうか。魔眼のオークションを中止させる目的とも
考えられるけど、やることが中途半端な気がするし…。

今のところ正体がわからないのは…
1.線路に細工して列車を森へ引き込んだ者。
2.トリシャを殺した犯人。
3.ウェイバーの招待者。

1、2、は同一犯の可能性はあっても、3はどうなんだろうね。
ヘファイスが森に現れたのが怪しいような気もするけど、
彼女の召喚者が列車に乗っているなら、あの森に現れるのは
不思議でもなんでもないし。招待者の目的が分かればもう少し
考えようもありそうだけど…。

グレイさんとヘファイスの戦いの行方次第だけど、
列車が動くようになって、再び線路に戻る事は可能になりました。
森の中へ列車を引き込んだ意図がなんであれ、これからさらに何か
が起こるのか、あるいは既に何かが起こっていて、取り返しのつかない
事態になっているのか。

それでは、今日はこの辺で^^/



関連記事

閲覧履歴

Anime Square | Page Top▲

New >>
ミュータント・イヤー・ゼロ:ロード・トゥ・エデン デラックスエディション(3goo)
<< old
ドラゴンコミックスエイジ 10月新刊
ブログ検索
-------------------------

日付検索

   

カテゴリ
BD・DVD情報
CD情報
抱き枕
他グッズ
ゲーム
コミックスINDEX
限定本
アニメ関連書籍
ライトノベル発売予定
画集・FB等
雑誌
その他書籍
フィギュア
フィギュア(グッスマ)
フィギュア(壽屋)
フィギュア(キャラアニ)
フィギュア(マックス)
フィギュア(アルター)
フィギュア(スカイチューブ)
フィギュア(メガハウス)
フィギュア(WAVE)
フィギュア(オーキッドシード)
フィギュア(グリフォン)
フィギュア(Freeing)
フィギュア(プラム)
フィギュア(海洋堂)
フィギュア(アイズ)
フィギュア(ファット)
フィギュア(オルカトイズ)
フィギュア(Gift)
フィギュア(キューズQ )
フィギュア(ペンギンパレード)
フィギュア(アクアマリン)
フィギュア(ブロッコリー)
フィギュア(ダイキ工業)
フィギュア(ウイング)
フィギュア(アルファマックス)
フィギュア(DRAGON Toy)
フィギュア(その他)
コミックス
コミックス:電撃コミックス
コミックス:アライブ
コミックス:フラッパー
コミックス:ジーン
コミックス:ドラゴンコミックスエイジ
コミックス:ジャンプ
コミックス:ヤングジャンプ
コミックス:少年マガジン
コミックス:ヤングマガジン
コミックス:月刊少年マガジン
コミックス:少年サンデー
コミックス:ゲッサン
コミックス:カドカワコミックスA
コミックス:チャンピオンRED
コミックス:ヤングチャンピオン
コミックス:少年チャンピオン
コミックス:ビッグガンガン
コミックス:ヤングガンガン
コミックス:ガンガンJOKER
コミックス:ガンガンONLINE
コミックス:Gファンタジー
コミックス:少年ガンガン
コミックス:まんがタイムKR
コミックス:芳文社コミックス
コミックス:まんがタイム
コミックス:百合姫コミックス
コミックス:REXコミックス
コミックス:ぱれっと
コミックス:ZERO-SUM
コミックス:DNAメディア
コミックス:ジェッツコミックス
コミックス:アフタヌーンKC
コミックス:モーニングKC
コミックス:イブニングKC
コミックス:シリウスKC
コミックス:KCデラックス等
コミックス:マガジンエッジ
コミックス:ブレイド
コミックス:アース・スター
コミックス:リュウコミックス
コミックス:サンデーGX
コミックス:ビッグコミックス
コミックス:GUM COMICS
コミックス:星海社
コミックス:ファミ通クリアコミックス
コミックス:ヤングキング
コミックス:メテオCOMICS
コミックス:ゼノンコミックス
コミックス:ヴァルキリーコミックス
コミックス:エッジスタコミックス
コミックス:キューン
コミックス:アクションコミックス
コミックス:ヒーローズ
コミックス:サイコミ
コミックス:ニチブンコミックス
コミックス:モンスターコミックス
コミックス:バンブーコミックス
コミックス:ガルドコミックス
コミックス:ハルタコミックス
コミックス:バーズコミックス
コミックス:ビームコミックス
コミックス:HJコミックス
コミックス:バンチコミックス
コミックス:コロナコミックス
コミックス:サンデーうぇぶり
コミックス:ビーツコミックス
コミックス:ジーンLINE
コミックス:アルファポリス
ニュース
アニメ感想
未分類
RSSフィード