鬼滅の刃 第22話 感想

2019-09-02 22:06
アニメ感想
【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】鬼滅の刃
【公式】鬼滅の刃
【前の感想】鬼滅の刃 第21話 感想





前回でようやく那田蜘蛛山の話も終わり、次の展開へと進む事になりそうですが、鬼の禰豆子を連れていることをいまさら問題視する人が現れて、炭治郎は後ろ手に縛り上げられ、鬼殺隊本部に連れて行かれたようでした。6人の柱に囲まれて、縛られたまま地に転がされているのは、炭治郎の那田蜘蛛山での頑張りを思えば、ひどい仕打ちのような気がするけど、彼をどうしようというんでしょうね。禰豆子が鬼となってもなお人を食わず、炭治郎と行動を共にしている事をしのぶさんが知らなかったのは仕方ないとしても、禰豆子を隔離しようとしたり、二人を引き離そうとしたりするような展開なら面白くないかな。あと、今回は鬼殺隊のトップが出てくるんでしょうか?鬼殺隊の組織についてはほとんど何も分かってないままこれまで見てきたけど、その運営に関する疑問にも答えてくれるんでしょうかね。それとも、炭治郎の処分?に関する決定だけを行って、この先も謎の多い存在のままでしょうか。何にせよ、残り話数も少なくなってきたし、どういうエンディングを目指していくのか、少なくとも出口の方向を示す重要な回になりそうな気がします。

それでは、第22話。視聴開始。




第二十二話 お館様


鬼殺隊本部屋敷の庭に転がされている炭治郎。
目の前には”柱”が6人。木の上に1人。
炭治郎は柱についての知識がない様子。
しのぶさん、裁判とか言い出しちゃったよ…


炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅうろう)
音柱・宇髄天元(うずいてんげん)
恋柱・甘露寺蜜璃(かんろじみつり)

柱が最高位の剣士なんだってことはわかるけど、突然出てきて
裁判など必要ないとか、派手に首を切ってやろうとか、
炭治郎の事情も聞かずに勝手なこと言われると面白くないね…。


岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)
霞柱・時透無一郎(ときとうむいちろう)
蛇柱・伊黒小芭内(いぐろおばない)


隊律違反は富岡も同じだ、と伊黒。


鬼殺隊員でありながら鬼を連れて任務に当たっている
当人に話を聞きたい、としのぶさん。
家族が襲われた事、妹は鬼になったけど
人を食った事がないことを話す炭治郎。


だが、全く信用していない様子の柱数名。
そこで”親方様がこの事を把握してないとは思えない”
と恋柱の甘露寺。炭治郎は必死に禰豆子を庇うが…


9人目登場。風柱:不死川実弥(しなずがわさねみ)
禰豆子の入った箱を手にし、炭治郎の発言を完全否定。
刀で箱を突き刺す。


怒り狂った炭治郎は不死川の刀を回避し、ジャンプから頭突きへ。


”善良な鬼と悪い鬼の区別もつかないなら、柱なんかやめてしまえ”
と炭治郎。


最終選別の時の案内役だった双子?に手を引かれ、
屋敷の奥から”お館様”が出てくる。
額から眼の周囲にかけてただれたような跡があり、
眼が見えていないようだ。
この日はチュウゴウ会議?が開かれるらしい。


炭治郎のことについて説明を求める不死川。
”炭治郎と禰豆子のことは、私が容認していた”とお館様。
だが、宇髄、悲鳴嶼、煉獄、伊黒、不死川は賛同できないようだ。


お館様の指示で手紙を取り出す双子。元”柱”の左近次からのものだ。
禰豆子が飢餓状態であっても人を食わない事。
もし人を襲うような事態になれば、左近次、義勇、炭治郎が
腹を切って責任を取る、との内容。


だが、容認できない連中は頑なだ。
お館様が”人を襲うという証明もできない”と言う。
さらに、炭治郎が鬼舞辻と遭遇していることを柱に伝える。
彼らは誰も鬼舞辻と出会った事がないらしい。


なおも納得のいかない不死川は刀で自らの腕を切り…
”俺が証明しますよ。鬼と言うものの醜さを”
そう言うと、腕から滴る血を禰豆子の箱の上にたらす。
鬼の食欲を刺激して飛びついてくるのをこの場で見せようということのようだ。
禰豆子が出てこられるよう、場を屋内に移し、箱に刀を付き刺す。
”出て来い鬼。お前の大好きな人間の血だぁ!”

箱から出てきた禰豆子は不死川を睨みつけるが…

------------------------------------------------


総勢九人らしい柱が鬼殺隊本部で勢ぞろい。何やら会議が
あるようだけど、その前に鬼を連れて任務に当たっていた
炭治郎を裁こうという柱の面々。殺せ、っていう奴が多くて
驚きです。アニメ見てる立場からすれば、柱だかなんだか
しらないけど、ぽっと出てきて偉そうなこと言われると面白く
ないし、妙に馬鹿っぽいのとか殺人狂なのか、みたいなの
もいて、少なくとも’柱スゲー’とは思えない回でした。
お館様が禰豆子のことを容認していたって言うんだから
それでいいだろうに、彼の前にひざまずく割に言う事を聞かない
のはどういうことだろうね。不死川にいたってはただ殺したい
だけのようにさえ見えます。まぁ、多分禰豆子が血の誘惑に負け
たりせず、自らを証明してくれると思うけど、もう柱は義勇さん以外
出てこなくていいよ、って気分かな。

ところで、これ、ほんとに2クールで終わりなんでしょうか。
BD・DVD11巻までの収録話数を足してみると最終が26話?
だとしても、残り4話。次回は会議がメインのようだし、
残り3話でどこへ向かっていくんでしょうかね。
十二鬼月はまだ一人倒しただけだから、いきなり鬼舞辻討伐
へ向かうのもなさそうな気がするし、那田蜘蛛山で大分時間を
かけたところから考えると、もう一人十二鬼月の討伐をやるには
時間が足りなさそうだし、最終話の区切りとしては中途半端な
印象。そうなると…クライマックスに向けてどうやって盛り上げていく
のか、想像がつかないですね。

では、今日はこの辺で^^/


関連記事


フィギュアグッズコミックス限定本画集等雑誌CDDVD

ニュースラノベ発売予定デモ館Gamer's Square