ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第4話 感想

Home > 2019-07 / アニメ感想 > This Entry 

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第4話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
【公式】ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
【前の感想】第3話 感想





第二話ではライネス経由の依頼で殺人事件の謎解き。報酬を得て借金返済、という本来の流れだったんだろうけど、第3話ではウェイバー個人が利用するカフェで電気系統の不具合が起こったことから、自ら事件の解明に乗り出す形となりました。エルメロイ教室の生徒、スヴィンとフラットも加わり、彼らが今後のミステリー解明ではウェイバーの手足となって働いてくれそうだけど、今回はどんな流れになるんでしょうか。

前回では、聖杯戦争への参戦を企てていた事も判明したけど、どうやら魔術協会参加枠は埋まってしまった様子。ウェイバーが参戦を望むのは、前回の聖杯戦争でイスカンダルと戦った当時の未熟さを悔やむ気持ちからなんでしょう。同時に、ウェイバーはかの英霊の友であり、同時に臣下でもあり、何年経とうとも、あの強烈な存在感を放った英霊が忘れられる事はなさそうです。今ならば、イスカンダルと肩を並べて戦い、叶う事なら、彼に聖杯を、と考えているじゃないでしょうか。Fate本編ので衛宮士郎や遠坂凛が戦った聖杯戦争にはウェイバーは参加していないから断念したんだろうけど、彼がもう一度と望むなら、叶えてやりたい気もしますね。

それでは、第4話。視聴開始。




4 工房と塚と死霊魔術師


グレイが部屋に入ろうとしたところ師匠の声が聞こえてくる。
”僕はもう一度お前に会いたい。お前の夢をかなえてやりたい”
”だけど、その願いはもう…”

聖杯戦争参加枠の一件で落ち込んでいる様子だけど…
諦めず最後まで足掻いてみるつもりのようだ。

この件と関係があるのか、ライネスへの電話で…
ソフィアリ卿には私から頭を下げる。
 降霊科の面倒ごとを解決すればいいのだろう”



地下墓地を歩くサングラスの男。
”ちょっと聞きたいことがあるんだ”と
骸骨に話しかけると、怪しげなオーラが立ち上る。
死者の魂を呼び出したとか、そういうことか?


今回の依頼人か。ウィルズ氏。故人である父のコドリントン卿は偉大なネクロマンサー。
息子の彼は降霊科の重鎮

父が古代ローマ時代の遺跡ごと荒野を買い上げ、工房に。
その工房が霊脈の狂いにより暴走。
相次ぐ落雷で多くの犠牲者を出し、父も命を落とす。
今後も工房の事故が続けばコドリントンの本家に吸収。
この工房を失えば、ブラム(ソフィアリ卿のこと?)の痛手になるらしい。
他にもウェイバーに相談したい事があるようだ。


カフェでライネスがテーブルにばら撒いた石を操作すると、
周囲の景色が歪む。結界をはったということだろうか。

対面するのは次期降霊科学部長
ウェイバーを焚きつけてくれたことに礼を述べている。
ウェイバーがまだ聖杯戦争に執心しているのか尋ねると、
ライネスは魔術教会の枠で参加予定の2人の写真を取り出す。
この男の力をもってすれば、ウェイバーを押し込む事は可能なようだ。
前回の聖杯戦争でケイネス・エルメロイと共に亡くなった婚約者の兄なのか?

なんにしても、ウェイバーはこの男に頭を下げ、聖杯戦争参加への便宜を
図ってもらうという事か。冒頭の”ソフィアリ卿”がこの男?


コドリントンの本家はこの一件を時計塔の法政科に訴えたらしい。
工房が不安定なのはウィルズのせいであって、神秘の隠匿に関わるから、
本家の管理にすべきだと。降霊科は相続争いへの介入は外聞が悪いため、
この件をウェイバーに依頼した、ということのようだ。

現地に向かうと、霊脈が不安定で、ライネスの魔眼が反応。
魔力に触れると赤く染まってしまうらしく、専用の目薬で処置。


嵐の中、屋敷にたどり着いた一行を出迎えたのは法政科の
魔術師、アダシノ(化野菱理)。本家からの訴えで早速調査に。
ウィルズを父殺しで逮捕するという。茶髪の女性は本家から
派遣されてきた見届け人のワレッタ。故人を降霊して事情を
調べようとしたが、残留思念の痕跡が消されていたため、
降霊に失敗。他の事故関係者も同様らしい。
痕跡を消す事ができたとすれば、ウィルズ以外にはいないと
いうことのようだ。ウェイバーは嵐が収まるまでの間、
工房の調査をする事に。


故人の書斎を調査。ウェイバーを呼んだもう1つの理由を尋ねると…
”ええ、ちょうど来ているようですから”とウィルズ。
魔術的な目薬?をさすと妖精の姿が浮かんでくる。
工房が完成した頃から現れ、彼女がウィルズに警告するたび、人が死ぬようだ。
そして彼が知りたいのは、妖精が何を警告しているのか、ということ。


ライネスは許可なく屋敷内を調査。暖炉の一部に魔力を感じ、
手で触れてみると暖炉内に地下へと続く隠し通路があらわれる。
隠し通路を進むと…
”墓守のセツにはわかります。ここは墓地です”とグレイさん。
墓守なのか?セツという名の説明も欲しいところだね。

さらに、魔眼が再び反応。
”魔眼の力をこの遺跡が引き出しているのか?”とライネス。
苦しげによろめいたところ、足で何かスイッチのようなものを
踏み抜いてしまい、天井が崩落。


そこに現れたのは銃を持ったサングラスの男。
悪霊?に銃を向け発射。
墓所の番をしていた亡霊らしい。
彼女達を墓泥棒と認識し、襲ってきたようだ。


ライネスの魔眼がさらに反応。火を吹くように赤く染まる。
サングラスの男は外へと抜ける道を知っているようだ。


気を失ったライネスを連れて屋敷にたどり着いたところ、
アダシノさんが男を知っていたようだ。
名はシシゴウ・カイリ。ネクロマンサーにして傭兵。
どんな汚れ仕事でも引き受け、法政科では有名人らしい。
故人の友人でもあったらしく、ウィルズとも旧知の仲。


なぜかライネスと同室のウェイバー。
子作りには最適だろうとからかわれてしまう。

”この土地の霊脈は魔眼と反応している。
雷鳴、魔眼、墓所…あと少しで繋がりそうなんだが…”
そう言うと、確認したい事があるらしく、部屋を出て行く。


ワレッタは現代魔術科の介入が気に入らないようだが、
アダシノさんは真実であるかどうかを決めるのは法政科だ、
という考えか。



魔眼についての資料だろうか?
”やはりそうか。だとすれば…”と、何かが分かった様子のウェイバー。
そして深夜、ワレッタが雷にうたれた、との知らせが。

-----------------------------------------------


聖杯戦争参加枠を譲ってもらうために降霊科のソフィアリ卿
に頭を下げ、その交換条件なのか、降霊科重鎮の家の問題
に首を突っ込む事になったようですね。結果はともかく、今は
出来ることは何でもやる、という気持ちなんでしょう。

依頼のあった件は、地下墓地のある遺跡の土地を魔術工房
としたものの、霊脈の乱れのせいか、雷が頻発して一般人にも
被害が出たうえ、工房の主、コドリントン卿も死亡。
息子は降霊科の重鎮でソフィアリ卿との繋がりがあり、
そのことが聖杯戦争への参戦の話しに繋がっているんでしょう。
他方、コドリントンの本家は時計塔の法政科に訴え、工房を手に
入れるつもりらしいけど、これはソフィアリ卿への対抗心からで
しょうか。単なる相続争いというより、時計塔の派閥争いのような
雰囲気も感じますね。コドリントン本家から見届け人として派遣
されていたワレッタが雷に打たれてしまったりしたようだけど、
ウェイバーは書庫の資料の中からおそらくは魔眼絡みで何かが
分かった様子でした。次回、事件の核心が明らかになるでしょうか?
サングラスの男、シシゴウ・カイリが直接の関係者でないのにも
かかわらず登場したことには何か意味がありそうな気もするし、
故人の書斎に現れた妖精も当然事件の核心に関係があるんだ
ろうけど…。何にしても、ウェイバーは無事問題を解き明かして
聖杯戦争への切符を手にする事ができるんでしょうか。
次回聖杯戦争に参加していない以上、問題を解決できなかった、
という可能性もあるんでしょうか?

では、今回はこの辺で^^/


関連記事

閲覧履歴

Anime Square | Page Top▲

New >>
メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランチャー HELL BLAZE プラモデル(コトブキヤ)
<< old
chitocerium VI-carbonia adamas 1/1 プラモデル(グッドスマイルカンパニー)
ブログ検索
-------------------------

日付検索

   

カテゴリ
BD・DVD情報
CD情報
抱き枕
他グッズ
ゲーム
コミックスINDEX
限定本
アニメ関連書籍
ライトノベル発売予定
画集・FB等
雑誌
その他書籍
フィギュア
フィギュア(グッスマ)
フィギュア(壽屋)
フィギュア(キャラアニ)
フィギュア(マックス)
フィギュア(アルター)
フィギュア(スカイチューブ)
フィギュア(メガハウス)
フィギュア(WAVE)
フィギュア(オーキッドシード)
フィギュア(グリフォン)
フィギュア(Freeing)
フィギュア(プラム)
フィギュア(海洋堂)
フィギュア(アイズ)
フィギュア(ファット)
フィギュア(オルカトイズ)
フィギュア(Gift)
フィギュア(キューズQ )
フィギュア(ペンギンパレード)
フィギュア(アクアマリン)
フィギュア(ブロッコリー)
フィギュア(ダイキ工業)
フィギュア(ウイング)
フィギュア(アルファマックス)
フィギュア(DRAGON Toy)
フィギュア(その他)
コミックス
コミックス:電撃コミックス
コミックス:アライブ
コミックス:フラッパー
コミックス:ジーン
コミックス:ドラゴンコミックスエイジ
コミックス:ジャンプ
コミックス:ヤングジャンプ
コミックス:少年マガジン
コミックス:ヤングマガジン
コミックス:月刊少年マガジン
コミックス:少年サンデー
コミックス:ゲッサン
コミックス:カドカワコミックスA
コミックス:チャンピオンRED
コミックス:ヤングチャンピオン
コミックス:少年チャンピオン
コミックス:ビッグガンガン
コミックス:ヤングガンガン
コミックス:ガンガンJOKER
コミックス:ガンガンONLINE
コミックス:Gファンタジー
コミックス:少年ガンガン
コミックス:まんがタイムKR
コミックス:芳文社コミックス
コミックス:まんがタイム
コミックス:百合姫コミックス
コミックス:REXコミックス
コミックス:ぱれっと
コミックス:ZERO-SUM
コミックス:DNAメディア
コミックス:ジェッツコミックス
コミックス:アフタヌーンKC
コミックス:モーニングKC
コミックス:イブニングKC
コミックス:シリウスKC
コミックス:KCデラックス等
コミックス:マガジンエッジ
コミックス:ブレイド
コミックス:アース・スター
コミックス:リュウコミックス
コミックス:サンデーGX
コミックス:ビッグコミックス
コミックス:GUM COMICS
コミックス:星海社
コミックス:ファミ通クリアコミックス
コミックス:ヤングキング
コミックス:メテオCOMICS
コミックス:ゼノンコミックス
コミックス:ヴァルキリーコミックス
コミックス:エッジスタコミックス
コミックス:キューン
コミックス:アクションコミックス
コミックス:ヒーローズ
コミックス:サイコミ
コミックス:ニチブンコミックス
コミックス:モンスターコミックス
コミックス:バンブーコミックス
コミックス:ガルドコミックス
コミックス:ハルタコミックス
コミックス:バーズコミックス
コミックス:ビームコミックス
コミックス:HJコミックス
コミックス:バンチコミックス
コミックス:コロナコミックス
コミックス:サンデーうぇぶり
コミックス:ビーツコミックス
コミックス:ジーンLINE
コミックス:アルファポリス
ニュース
アニメ感想
未分類
RSSフィード