賢者の孫 第11話 感想

Home > 2019-06 / アニメ感想 > This Entry 

賢者の孫 第11話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】賢者の孫
【公式】賢者の孫
【前の感想】賢者の孫 第10話 感想





シュトロームが帝国内で食糧の流通を滞らせ、不満を募らせた平民達を魔人化し、彼らの暴動によって貴族を中心とした都市が壊滅してしまったため、帝国はほぼ無政府状態となっている様子。彼に国を統治しようとか、他国に攻め入ろうといった野心はないらしく、魔人化した平民のうち、野心を持った連中は彼のもとから離れていきました。帝国を滅亡させることがシュトロームの目的だったため、もはや彼にはすることがないようでしたが、彼の部下が新たな目的を作るため、離れていった者たちを誘導、アールスハイド王国と国境を接する小国に攻め入るように仕向けたようです。その目的は、シンを誘い出す事。多くの魔人が隣国に出現すれば、必ず王国からシンが出てくるハズで、かつてシュトロームを追い込んだシンが出てきたことをが知れば、それがシュトロームの新たな目的となりうる、という判断のよう。

一方、シン達はオーグの立太子の儀式の最中に隣国で魔人が多数出現した知らせを受け、動揺する民衆の前でオーグとシンが演説。パフォーマンスによって民衆の不安を取り除くため、浮遊魔法により、王城から”アルティメットマジシャンズ”の連中が飛び立っていきました。

さて、今回で第11話。前回のシュトロームの回想では、ある意味、彼も被害者であることが強調されていたようにも受け取れる内容でしたから、今後シュトロームとシンの戦いとなった後も、シュトロームを倒して万々歳、と言う感じにはならないかもしれませんね。彼の経歴をシン達は知らないので、どうなるか予想は難しいけど、謀略で奥さんを失ったりと、シュトロームにも同情すべき点があると考えるなら、シンがシュトロームを説得したりといった展開になる可能性もあるでしょうか。

それでは、第11話、視聴開始といきます






スイード王国。魔人たちの襲来を告げる信号弾が上がる。
シュトロームから離れていった魔人化した帝国の平民達だ。
規模は魔人が100体。まるで盗賊だ。


アールスハイド王国に救援要請。
普通なら到着まで数日かかるところみたいだけど…


王城から飛び立ったシン達は直接戦地へ。


子供とその母親を追い掛け回して楽しんでいた魔人を排除。


応援要請から何日後の到着だったのかは分からないが、
市街地で既に魔人たちが大分暴れた後だったようだ。



オーグが兵士や民衆達に向けて呼びかける。


シシリーは救護所で負傷者の治療にあたるようだ。


建物の中に隠れてシンを見つめる帝国兵ローレンス。
今回の魔人襲撃を背後で操っている者だ。
シンの実力を見定めるつもりらしい。



魔人と言っても統率も取れてないし、兵士ですらない平民でが
個別に暴れるだけなら、ただの学生に過ぎなくても、シンの元で
力をつけた研究会メンバーなら十分に対応できるみたいだね。


シンにいたっては魔人たちも全く相手にならない様子。
でも、訓練を受け、統率が取れた兵士達が魔人化してたなら、
こうも簡単にはいかなかったかもしれないね。


魔人たちを影で操っている監視者はシンの力に驚愕。
魔人化した平民達は多少哀れに思わなくもないね。
帝国内では暴動に利用され、ここではシンの実力を
見定めるために踊らされているわけだし。



魔人たちのリーダーを相手にオーグとマリア。
多少苦戦したものの、なんとか退ける。


”ワシらの出番はなさそうじゃの”とマーリンとメリダ
スイード王国の王城で待機していたようだ。


シュトロームの手下もシン達を甘く見すぎていた様子。
魔人部隊の撤退の為にミリアが出て行くことに。




ミリアは魔人としても戦闘力が高いのか、単身敵中に乗り込んでいく。
その頃、シュトロームがスイード王国に姿を現す。
”ひどいじゃないですか、ゼスト君。
 こんな楽しそうな事を私に内緒で始めるなんて”と独り言。

-----------------------------------------------


まず最初に疑問点。
魔人化によって魔法を操れるようになるもんなんでしょうかね。
人を魔人化する手法を確立したシュトロームは王国内で
シンの同級生だったカートを実験台にしてたけど、
カートは魔法学院生で元々魔法の素質があったわけだし、
魔法とはおそらく無縁だった帝国の平民を魔人化して、
彼らが魔法を使えるようになることに、一応の理屈は
通してもらいたい気がするけど…

その魔人たち。ゼストも捨て駒と言ってるけど、彼らにとって
このレベルの魔人ならいくらでも作れるということでしょうか。
他国を侵略するというより、盗賊が好き勝手に暴れてるような
感じの戦いでした。研究会メンバーも実力をつけたとはいえ、
所詮は学生だし、魔人との戦いに多少の不安もあったけど、
手にした力の生かし方を知らない素人相手だったから、
問題なく戦えた、ということでしょうか。

シン達の登場で魔人部隊は壊滅の危機に見えるけど、ゼストの
依頼でミリアが動き出したこと、そしてシュトロームもやって来て、
何やら楽しげな様子でしたね。前回では全く覇気が感じられ
なかったけど、シンとの再戦ならば喜んで、というところでしょうか。
次回で最終話だけど、シュトロームvsシンの決着をつけてくれるのか。
あるいは、シュトロームがやられたとしても、また生きのびて最再戦、
みたいなことになるのか。アニメ2期はなさそうな雰囲気なので、
綺麗に決着をつけて欲しいところだけど、さて、どうなるでしょうか。


関連記事

閲覧履歴

Anime Square | Page Top▲

New >>
アニメ関連書籍:Dr.STONE
<< old
GOD OF WAR III Remastered PlayStation Hits(ソニー・インタラクティブ)
ブログ検索
-------------------------

日付検索

   

カテゴリ
BD・DVD情報
CD情報
抱き枕
他グッズ
ゲーム
コミックスINDEX
限定本
アニメ関連書籍
ライトノベル発売予定
画集・FB等
雑誌
その他書籍
フィギュア
フィギュア(グッスマ)
フィギュア(壽屋)
フィギュア(キャラアニ)
フィギュア(マックス)
フィギュア(アルター)
フィギュア(スカイチューブ)
フィギュア(メガハウス)
フィギュア(WAVE)
フィギュア(オーキッドシード)
フィギュア(グリフォン)
フィギュア(Freeing)
フィギュア(プラム)
フィギュア(海洋堂)
フィギュア(アイズ)
フィギュア(ファット)
フィギュア(オルカトイズ)
フィギュア(Gift)
フィギュア(キューズQ )
フィギュア(ペンギンパレード)
フィギュア(アクアマリン)
フィギュア(ブロッコリー)
フィギュア(ダイキ工業)
フィギュア(ウイング)
フィギュア(アルファマックス)
フィギュア(DRAGON Toy)
フィギュア(その他)
コミックス
コミックス:電撃コミックス
コミックス:アライブ
コミックス:フラッパー
コミックス:ジーン
コミックス:ドラゴンコミックスエイジ
コミックス:ジャンプ
コミックス:ヤングジャンプ
コミックス:少年マガジン
コミックス:ヤングマガジン
コミックス:月刊少年マガジン
コミックス:少年サンデー
コミックス:ゲッサン
コミックス:カドカワコミックスA
コミックス:チャンピオンRED
コミックス:ヤングチャンピオン
コミックス:少年チャンピオン
コミックス:ビッグガンガン
コミックス:ヤングガンガン
コミックス:ガンガンJOKER
コミックス:ガンガンONLINE
コミックス:Gファンタジー
コミックス:少年ガンガン
コミックス:まんがタイムKR
コミックス:芳文社コミックス
コミックス:まんがタイム
コミックス:百合姫コミックス
コミックス:REXコミックス
コミックス:ぱれっと
コミックス:ZERO-SUM
コミックス:DNAメディア
コミックス:ジェッツコミックス
コミックス:アフタヌーンKC
コミックス:モーニングKC
コミックス:イブニングKC
コミックス:シリウスKC
コミックス:KCデラックス等
コミックス:マガジンエッジ
コミックス:ブレイド
コミックス:アース・スター
コミックス:リュウコミックス
コミックス:サンデーGX
コミックス:ビッグコミックス
コミックス:GUM COMICS
コミックス:星海社
コミックス:ファミ通クリアコミックス
コミックス:ヤングキング
コミックス:メテオCOMICS
コミックス:ゼノンコミックス
コミックス:ヴァルキリーコミックス
コミックス:エッジスタコミックス
コミックス:キューン
コミックス:アクションコミックス
コミックス:ヒーローズ
コミックス:サイコミ
コミックス:ニチブンコミックス
コミックス:モンスターコミックス
コミックス:バンブーコミックス
コミックス:ガルドコミックス
コミックス:ハルタコミックス
コミックス:バーズコミックス
コミックス:ビームコミックス
コミックス:HJコミックス
コミックス:バンチコミックス
コミックス:コロナコミックス
コミックス:サンデーうぇぶり
コミックス:ビーツコミックス
コミックス:ジーンLINE
コミックス:アルファポリス
ニュース
アニメ感想
未分類
RSSフィード