ぼくたちは勉強ができない 第7話 感想

Home > 2019-05 / アニメ感想 > This Entry 

ぼくたちは勉強ができない 第7話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】ぼくたちは勉強ができない
【公式】ぼくたちは勉強ができない
【前の感想】ぼくたちは勉強ができない 第6話 感想





これまでは学園長の後ろに立って成幸に冷めた視線を投げかけている印象の強かった真冬先生がようやく物語に関わってくるようになりました。合宿先で事故とは言え理珠さんとキスしてしまったところを先生に見られてしまい、どうなることかと思ったけど、教育係を担当する3人から信頼されていることを確認できたせいか、今回のことはとりあえず不問になって一安心。

真冬先生との面談の中では、彼女がなぜ文乃さんや理珠さんの教育係の件で冷めた表情を見せているのかもなんとなく見えてきました。どうやら彼女自身の過去に理由がある様子。”才能をどぶに捨てて、一時の感情で道を誤った末に…”という言葉は、真冬先生が自分の才能よりもやりたいことを優先した過去を後悔している、ってことなんでしょう。だから文乃さん達にはある程度の強制力をもって臨むべきで、彼女達の不得意分野を教育係をつけてのばしていくというやり方そのものに賛成できないようでした。彼女の賛同を得るには文乃さんたちが結果を出していく事が大事そう。

後半はうるかさんがちょっと大胆な行動に。成幸のキスの噂を耳にして落ち込んでしまっていた彼女だけど、水泳部仲間の悪知恵でスカート短め、胸元を大きく広げて成幸の前に。成幸もそこは男の子。つい視線が胸元にいってしまったりしたけど、好きな人に見てもらえる。少なくとも無関心じゃない、ってことが分かってうるかさんも気分上昇。好きな人が意識してくれているってことはそれだけで特別なことのようでした。

既に第8話が放送されて周回遅れになってしまい、なんとか連続で感想をあげたいところですが、今回は第7話。視聴開始といきます。




#07 前任者の秘匿領域は[X]な有様である


女心のレクチャーをするのが日課になりつつある文乃さん。
段差に躓いて成幸に抱きついてしまったところを見られてしまう。
理珠さんの目が釣りあがって不機嫌そう?



理珠さんは卵を守る親鳥のように威嚇しているのかと
と考えた文乃さん。


成幸にアドバイスして理珠さんの手を引いてもらい、
彼女のご機嫌取り?



文乃さんは理珠さんと成幸の触れあいを作ろうとしたのか、
彼の背中を強引に押して理珠さんに近づけようとしたのだが、
彼女の胸にダイブさせてしまうことに(゚∀゚*)


理珠さんの目がつりあがっているように見えたのは、
眼鏡を父親が踏んでしまい、代わりの眼鏡の度が
あっていなかったからだったようだ((´∀`*))

------------------------------------------------



学校帰りの成幸。木に登って降りられなくなった子猫を助けようと
したところ、飛び降りてしまい、通りかかった真冬先生がキャッチした
ところまでは良かったが、先生は足首をひねってしまう(゚Д゚;)




肩を貸して先生のマンションまで送り届けた成幸。
帰ろうとしたところ、中から何かがすごい音がして、呼びかけるも応答なし。
開けてみるとお尻を突き出して本に埋まっている真冬先生が。


玄関といい、部屋の中といい、チラかし放題。
足の踏み場がないほどではないからまだましか^^;


着替えてコーヒーを淹れてくれた先生はジャージ姿。
部屋も飾り気ないし、ジャージだし、意外と女子力低そう?
お嬢様っぽいイメージもあったんだけど…( ゚∀゚)


ついでに勉強を見てもらえることに。
丁寧に教えてくれる。実は面倒見のいい人なのか?


散らかったままの部屋で手を伸ばすと、先生のブラが。


先生、もう我慢できません!
何を思ったか、真剣な表情で真冬先生に迫る成幸。


掃除をさせてください”というオチ(*`▽´*)


掃除の最中、棚にかけられていた布が落ちて、
多数のトロフィーとフィギュアスケートをする少女の写真が露になる。



フィギュアスケートの選手寿命などから昔語りを始める先生。
満足な結果が残せなかったんだろうけど、そんな過去があるからこそ、
今は教育者として生徒達の才能を伸ばす事に徹するべき、
って考えるようになったみたい。


男を部屋にあげてもよかったんですか、と帰り際に質問すると、
”10年早いわよ”と言われてしまう成幸。
でも、そう言われて本当は意識してしまった様子の真冬先生

------------------------------------------------



先生の部屋に行ったことを話すと文乃さんは成幸に詰め寄り、
理珠さんとうるかさんに話さないようにと釘を刺されてしまう。
そして、その様子を誰かが覗き見ているようだが…


成幸とのことがクラスで噂になってしまいうけど、
事情を知らない成幸は勉強会の為に文乃さんの教室へ。


古橋さんとは特別な関係なのか、と問われて
事情が良く飲み込めてない成幸は”特別っていやぁ特別かな”と答えてしまう。


図書室でいつものように勉強会を始めると、
いつのまにか多くの人が集まってくる。
3Aクラスには”眠り姫を守る会”なるものがあるらしい。
相手の男性が文乃さんに相応しいかどうかを見極めるために
集まってきたらしいけど、彼女はアイドルなのか(゚∀゚*)


誤解が解けたのか、成幸が文乃さんの相手として認められたのか。
とりあえず噂が広まる心配はしなくてもよさそう?


(ED後)
噂の一件を成幸に話す文乃さん。何を思ったか…
”ねぇいっそのこと本当に付き合っちゃう?なーんてね。”


驚愕の成幸。
とりあえず冗談だったということで落ち着くけど…


-------------------------------------------


まずは真冬先生。
彼女の文乃さん達に対する厳しい姿勢は彼女自身の過去に
ありそうなことは前回でなんとなく予想がつきましたが、
どうやらそれはフィギュアスケートの選手としての経験に基づく
モノみたいですね。トロフィーが彼女の部屋にはたくさん並んで
いたところから見ると、それなりの成績を残したのでしょうが、
結果的には悔いが残ったということなんでしょう。
そしておそらくは彼女には別の才能もあって、好きだった
フィギュアスケートを自ら選択し、その選択を彼女は間違っていた
と考えてるんじゃないでしょうか。だからこそ、文乃さんたちが道を
誤らないために、あえて不得意分野に進む今のやり方より、才能を
伸ばす方向に進むのがベストで、受験科目も変更すべきだと
いうことなんでしょう。それはそれで理解できるし、教育者として
の彼女がそう考えるのは自然なことだから、あとは文乃さんと理珠さん
が才能の偏りを克服して先生を納得させるか、あるいは先生の言う
ことなど気にせず信じる道を行くか、どちらかしかないんでしょうね。
ただ、真冬先生にも過去の自分を認めてあげてほしいなとは
思うかな。まぁアニメの中の話ではあるけども。

次に文乃さん。
成幸に好意を抱いている理珠さんとうるかさんにちょっと気を使い
すぎな感じですね。躓いて成幸に抱きついてしまったところを
理珠さんに見られてしまったのも、まぁそれはそれで仕方ないし、
成幸が真冬先生の家に行ったことも、何もなかったならそれは
それでいい筈なんだけど、彼女達の耳に入らないようにと考えて
しまうあたりは気遣いの人なんでしょう。その一方で、自分が
成幸と一緒にいることが多くなってることには無頓着な様子で、
自分自身が噂の元になってしまいました。今のところ文乃さん自身
は成幸の事を異性として意識してるようには見えないけど、
理珠さんとうるかさんの気持ちを知っている事を除けば、彼女の
気持ちの変化を妨げるものもないし、成幸に女心をレクチャー?
しながら、一緒に過ごす時間も意識しないうちに増えてきて、
二人の間に何か変化が起こる可能性もありそう?
個人的には特にハーレム展開を望んでるわけでもないけど、
彼女の気持ちが成幸に傾いていくなら、それはそれで面白いかもね。
成幸の修羅場的な意味でwww


それでは、今日はこの辺で^^/

関連記事

閲覧履歴

Anime Square | Page Top▲

New >>
ソードアート・オンライン フェイタル・バレット COMPLETE EDITION(バンダイナムコ)
<< old
鬼滅の刃 第8話 感想
ブログ検索
-------------------------

日付検索

   

カテゴリ
BD・DVD情報
CD情報
抱き枕
他グッズ
ゲーム
コミックスINDEX
限定本
アニメ関連書籍
ライトノベル発売予定
画集・FB等
雑誌
その他書籍
フィギュア
フィギュア(グッスマ)
フィギュア(壽屋)
フィギュア(キャラアニ)
フィギュア(マックス)
フィギュア(アルター)
フィギュア(スカイチューブ)
フィギュア(メガハウス)
フィギュア(WAVE)
フィギュア(オーキッドシード)
フィギュア(グリフォン)
フィギュア(Freeing)
フィギュア(プラム)
フィギュア(海洋堂)
フィギュア(アイズ)
フィギュア(ファット)
フィギュア(オルカトイズ)
フィギュア(Gift)
フィギュア(キューズQ )
フィギュア(ペンギンパレード)
フィギュア(アクアマリン)
フィギュア(ブロッコリー)
フィギュア(ダイキ工業)
フィギュア(ウイング)
フィギュア(アルファマックス)
フィギュア(DRAGON Toy)
フィギュア(その他)
コミックス
コミックス:電撃コミックス
コミックス:アライブ
コミックス:フラッパー
コミックス:ジーン
コミックス:ドラゴンコミックスエイジ
コミックス:ジャンプ
コミックス:ヤングジャンプ
コミックス:少年マガジン
コミックス:ヤングマガジン
コミックス:月刊少年マガジン
コミックス:少年サンデー
コミックス:ゲッサン
コミックス:カドカワコミックスA
コミックス:チャンピオンRED
コミックス:ヤングチャンピオン
コミックス:少年チャンピオン
コミックス:ビッグガンガン
コミックス:ヤングガンガン
コミックス:ガンガンJOKER
コミックス:ガンガンONLINE
コミックス:Gファンタジー
コミックス:少年ガンガン
コミックス:まんがタイムKR
コミックス:芳文社コミックス
コミックス:まんがタイム
コミックス:百合姫コミックス
コミックス:REXコミックス
コミックス:ぱれっと
コミックス:ZERO-SUM
コミックス:DNAメディア
コミックス:ジェッツコミックス
コミックス:アフタヌーンKC
コミックス:モーニングKC
コミックス:イブニングKC
コミックス:シリウスKC
コミックス:KCデラックス等
コミックス:マガジンエッジ
コミックス:ブレイド
コミックス:アース・スター
コミックス:リュウコミックス
コミックス:サンデーGX
コミックス:ビッグコミックス
コミックス:GUM COMICS
コミックス:星海社
コミックス:ファミ通クリアコミックス
コミックス:ヤングキング
コミックス:メテオCOMICS
コミックス:ゼノンコミックス
コミックス:ヴァルキリーコミックス
コミックス:エッジスタコミックス
コミックス:キューン
コミックス:アクションコミックス
コミックス:ヒーローズ
コミックス:サイコミ
コミックス:ニチブンコミックス
コミックス:モンスターコミックス
コミックス:バンブーコミックス
コミックス:ガルドコミックス
コミックス:ハルタコミックス
コミックス:バーズコミックス
コミックス:ビームコミックス
コミックス:HJコミックス
コミックス:バンチコミックス
コミックス:コロナコミックス
コミックス:サンデーうぇぶり
コミックス:ビーツコミックス
コミックス:ジーンLINE
コミックス:アルファポリス
ニュース
アニメ感想
未分類
RSSフィード