鬼滅の刃 第4話 感想

Home > 2019-04 / アニメ感想 > This Entry 

鬼滅の刃 第4話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】鬼滅の刃
【公式】鬼滅の刃
【前の感想】鬼滅の刃 第3話 感想





前回でまず気になってるのは禰豆子。
なぜ寝たきりになってしまったのか
狭霧山に向かう途中のお堂で食事中の鬼に出会ってしまったことで、内なる鬼の目覚めを眠ることで彼女自身が抑えようとしているんじゃないか、と考えてるのは前回書いたとおりだけど、実際のところどうなんでしょうか。作品内の時間で彼女は2年間眠り続けてることになるんだよね。彼女が眠るということは鬼も寝ている訳だから、炭治郎が予期せぬ出来事で煩わされることがなく、鍛錬に集中できるという利点もあるけど、そういうことも見越して眠ってるんだろうか?
考えすぎかな…^^

禰豆子以外では、前回、左近次による特訓から、彼の教え子と思われる狐面の2人、サビトとマコモによって、炭治郎は左近次に教わったことを自分のものとすることが出来たようでした。 サビトを切った刀が岩を割っていた辺り、多少疑問はありますが、とりあえずは先に進むしかありませんね。今回は鬼殺隊に入るための最終選考のようだけど、ようやく、といった感じでしょうか。

ここから物語が本格的に動き出すことになるのを希望。
ここまでちょっと展開が遅かったような気がするんで。

それでは、第4話。視聴開始といきます





炭治郎の優れた嗅覚はさらに研ぎ澄まされて、
糸のように相手の隙のあるところと刀を結ぶように感じられるようだ。
2年間の修行の成果、ということか。


近くで見ていたのか、岩を割った後、左近次がやってくる。
まるで孫にでもするように、頭に手をやり炭治郎を褒めてくれる。

”もう子供が死ぬのを見たくなかった”
左近次が最終選別に送り込んだ子供は何人も亡くなっているようだ。
炭治郎を送るつもりもなく、岩を切ることができるとも
思っていなかったが、切ってしまった以上、送らざるを得ないんだろう。



えらくご馳走だ。しかも左近次自ら炭治郎によそってくれる。



伸びきった髪を切っていると、左近次が新しい狐面を差し出してくる。
厄除の面といい、災いから守るためのまじないがかけられている。
サビトとマコモ同様、炭治郎を弟子と認めるということか?


最終選考への出発の朝。
禰豆子にしばしの別れを告げる。


”サビトとマコモ”によろしく、そう言って去っていく。
”なぜお前が死んだあの子達の名を知っている”…と左近次。
だが、左近次の言葉は炭治郎に届いていない。


会場となる山に季節はずれの藤の花が咲き乱れている。



既に多くの剣士達がそろっている。OPで顔の出てくる奴も。


最終選考会場の進行役。髪色は違うが双子だろうか。
着物姿の白髪と黒髪の少女が選考方法を告げる。
鬼の嫌う藤の花で囲まれたこの先の一帯に鬼が閉じ込められているらしい。
そこで7日間生き残れたものが合格だ。


50人以上いそうな受験者で、何人生き残ることが出来るのか。
本物の鬼が相手だと知って怖気づくような者なら
ここに辿り着いてないだろうが。


鬼は陽の光を避ける。まず夜をしのぎ、7日間生き残ることを優先に考える。
早くも鬼の匂いが炭治郎の鼻に届く。


上から降ってきた奴を交わした途端、今度は後ろから別の鬼が。


獲物を巡って争い始めるが、早い者勝ちで同時に襲い掛かってくる。


”水の呼吸”で息を整えると鬼と刀を結ぶ糸が見える。


迷いなく刀を振りぬき、首が飛ぶ。


鬼の体が骨も残さず消えていく。
特別な鋼で作られたな日輪刀でのみ可能なことだ


選考に参加している剣士が走って逃げていく。
暗がりの中に先ほどの鬼とは比べ物にならない巨体が見える。


左近次は死んだと言っていたが、
サビトとマコモは魂が狭霧山で生き残っているのか?
炭治郎が”アイツ”に勝てるかどうか、心配している。
アイツとは…


逃げる剣士とは別の者が巨大な鬼(手鬼)の手に掴まれている。


既に絶命しているのか、叫び声も上げず手鬼に飲み込まれる。
顔の前で腕を交差しているように見えるのが口だ。
食った途端に鬼の筋肉が膨れあがる。


何本の腕を持っているのかも分からないが、
数本を延ばして逃げる剣士を捕らえる。



ギリギリのところで剣士を握る鬼の腕を切り落とすが、
鬼の視界に入ってしまった炭治郎。

”また来たな。俺の可愛いが”
流暢に喋る巨鬼。狐とは狐面のことか。
”狐小僧、今は明治何年だ”


"今は大正時代だ”と答えると、
鬼は元号が代わったことを知り、荒れ狂う。
ここに閉じこまれた年月の長さに怒りが増しているようだ。
左近次に捕らえられたらしく、彼の苗字を連呼している。


江戸時代、慶応の頃に捕らえられたらしい。
それ以来、ここで50人は食っていると言う。
続けて、いくつもの腕の指で数を数える。
自分が食った左近次の弟子だ。


鬼が口にする左近次の弟子たちの中に
サビトとマコモが含まれていることに愕然とする炭治郎。


狐面が目印となり、左近次が送った者達はコイツに狙われたということか。


マコモのことを言っているらしい。
巨鬼は楽しそうに手足を引きちぎって殺したと言う。


頭に血が上ったのか、呼吸を乱して突っ込んでいくが、
側面から回り込んできた巨腕に殴りつけられてしまう。


木に叩きつけられ、気絶し、厄除の面が割れる。


すんでのところで跳ね起きて腕を回避するが、
さらに何本もの腕が追ってくる。


今度はサビトを殺したときのことを語る鬼。



地面からの鬼の臭いを感知して上に逃げる。


サビトとマコモには戦闘中の炭治郎の様子が見えているのか



上から間合いに入る炭治郎。呼吸を整え、鬼の首を狙う。


鬼と刀を結ぶ糸が見えている。もう刀の間合いだ。


”水面切り”


振りぬいた刀が鬼の首を刎ねる。


--------------------------------------------


今回は一言で言うなら、面白かったです。
これまでとは異なる左近次の態度、最終選考の舞台、と
新しい場面が続いたことに加え、
彼が刀を持って鬼と戦う初戦での活躍。
さらに、謎だったサビトとマコモのことが明らかになったこと。
そして、巨鬼とのスピード感のある戦い。
巨鬼については、ラスボスを最初に倒してしまったかのような
印象すら覚えるけど、これ以上に強そうなのがこの先に
出てくるんでしょうか?まだ最終選考一日目だよね^^;

厄除の面が皮肉なことに左近次の弟子であることの
目印になってしまっていたのは残念でした。
左近次が子供達が死ぬのを見たくない、と言ったのは
アイツに片っ端から食われてたせいだったんだね。
それを左近次は知り得なかっただろうけど、
サビトとマコモによって教えを自らのものとすることが出来た
のだから、弟子の共同作業によってようやく宿敵を討てた、
といったことになるでしょうか。

第5話は”己の鋼”らしいけど、まだ一日目だから、
当然最終選考は続くんだろうね。展開の遅さは相変わらず
だけど、この分だと最終選考だけであと何話かかかりそう?
公式の情報によれば、金髪の剣士は炭治郎の同期として
鬼殺隊に入るようだから、2人が絡むような場面も出てくるかもね。

それでは、今日はこの辺で^^/


関連記事

閲覧履歴

Anime Square | Page Top▲

New >>
バーズコミックス 4月新刊
<< old
グリザイア ファントムトリガー THE ANIMATION 01/02 Blu-ray Disc(フロントウイング)
ブログ検索
-------------------------

日付検索

   

カテゴリ
BD・DVD情報
CD情報
抱き枕
他グッズ
ゲーム
コミックスINDEX
限定本
アニメ関連書籍
ライトノベル発売予定
画集・FB等
雑誌
その他書籍
フィギュア
フィギュア(グッスマ)
フィギュア(壽屋)
フィギュア(キャラアニ)
フィギュア(マックス)
フィギュア(アルター)
フィギュア(スカイチューブ)
フィギュア(メガハウス)
フィギュア(WAVE)
フィギュア(オーキッドシード)
フィギュア(グリフォン)
フィギュア(Freeing)
フィギュア(プラム)
フィギュア(海洋堂)
フィギュア(アイズ)
フィギュア(ファット)
フィギュア(オルカトイズ)
フィギュア(Gift)
フィギュア(キューズQ )
フィギュア(ペンギンパレード)
フィギュア(アクアマリン)
フィギュア(ブロッコリー)
フィギュア(ダイキ工業)
フィギュア(ウイング)
フィギュア(アルファマックス)
フィギュア(DRAGON Toy)
フィギュア(その他)
コミックス
コミックス:電撃コミックス
コミックス:アライブ
コミックス:フラッパー
コミックス:ジーン
コミックス:ドラゴンコミックスエイジ
コミックス:ジャンプ
コミックス:ヤングジャンプ
コミックス:少年マガジン
コミックス:ヤングマガジン
コミックス:月刊少年マガジン
コミックス:少年サンデー
コミックス:ゲッサン
コミックス:カドカワコミックスA
コミックス:チャンピオンRED
コミックス:ヤングチャンピオン
コミックス:少年チャンピオン
コミックス:ビッグガンガン
コミックス:ヤングガンガン
コミックス:ガンガンJOKER
コミックス:ガンガンONLINE
コミックス:Gファンタジー
コミックス:少年ガンガン
コミックス:まんがタイムKR
コミックス:芳文社コミックス
コミックス:まんがタイム
コミックス:百合姫コミックス
コミックス:REXコミックス
コミックス:ぱれっと
コミックス:ZERO-SUM
コミックス:DNAメディア
コミックス:ジェッツコミックス
コミックス:アフタヌーンKC
コミックス:モーニングKC
コミックス:イブニングKC
コミックス:シリウスKC
コミックス:KCデラックス等
コミックス:マガジンエッジ
コミックス:ブレイド
コミックス:アース・スター
コミックス:リュウコミックス
コミックス:サンデーGX
コミックス:ビッグコミックス
コミックス:GUM COMICS
コミックス:星海社
コミックス:ファミ通クリアコミックス
コミックス:ヤングキング
コミックス:メテオCOMICS
コミックス:ゼノンコミックス
コミックス:ヴァルキリーコミックス
コミックス:エッジスタコミックス
コミックス:キューン
コミックス:アクションコミックス
コミックス:ヒーローズ
コミックス:サイコミ
コミックス:ニチブンコミックス
コミックス:モンスターコミックス
コミックス:バンブーコミックス
コミックス:ガルドコミックス
コミックス:ハルタコミックス
コミックス:バーズコミックス
コミックス:ビームコミックス
コミックス:HJコミックス
コミックス:バンチコミックス
コミックス:コロナコミックス
コミックス:サンデーうぇぶり
コミックス:ビーツコミックス
コミックス:ジーンLINE
コミックス:アルファポリス
ニュース
アニメ感想
未分類
RSSフィード