五等分の花嫁 第12話 感想

Home > 2019-04 / アニメ感想 > This Entry 

五等分の花嫁 第12話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】五等分の花嫁
【公式】五等分の花嫁
【前の感想】五等分の花嫁 第11話 感想





前回では、キャンプファイアで踊るのをやめようと風太郎に言われた一花さんが見せた涙の理由が明らかになるかと思ったけど、有耶無耶になってしまいました。彼女は伝説のことを知らなかったようで、ミクさんへの遠慮もありそうだから、彼女が風太郎と踊ることはなさそうな雰囲気。一方、ミクさんはというと、今まで拘っていた姉妹五人が平等であることよりも、公平であればいいのだと思い始めたみたいで、一花さんに話したいことがある様子。公平であることの意味を考えるなら、ダンスの相手を譲って欲しい、ということではないのかもしれないけど、”一花が相手なら”と一歩引いていた今までより、少し積極的に動き始めそうな予感。彼女が一花さんに何を言うのか、そして、一花さんも風太郎のことを全く意識してない訳ではないように見えるけど、伝説のことを知った今、結局のところ、ダンスを どうするんでしょうか?
当の風太郎は、一花さんとのダンスを断って二乃さんと踊るつもりなのかと思えば、スキー場でイケメン金髪君として再会した際には彼女を避けて逃げ出したところを見ると、こちらは出来ることなら誤魔化し続けてダンス回避の線が濃厚でしょうか。

今回で最終話。勉強面でも恋愛面でも、上手く区切りがつけられそうな気はしませんが、ダンスの件でとりあえず一件落着となって終わりでしょうかね。ダンスの相手候補だけでなく、すっかりPTAオバサン的な監視人になってしまったイツキさんが目を光らせてるから、まだ一悶着ありそうな気がします。

それでは、最終話。視聴開始




#12 結びの伝説2000日目


”もしかして、キャンプファイアのこと?”と一花さん。

伝説では、フィナーレの瞬間、
手を結んでいなければいけないらしい

”そうだ、風太郎の手は二本ある”
”両手に花でいこう”((´∀`*))


そこでかまくらの中に風太郎が戻ってくる。


キャンプファイアのことは伝えないままだが、
電話の向こうの一花さん。
”一人でいるイツキちゃんを見つけてあげて
”本当は寂しいはずだから”


二人でイツキを探し始めるが、風太郎は
らいはさんから風邪をうつされたらしく、調子が悪い様子。


四葉さんは鬼ごっこ続行中。
二乃さんと一花さんを捕獲してやってきた。
誰もイツキさんを見かけてないようだ。

”事態は思ったよりも深刻かもしれない”
”これだけ動き回って誰もイツキと会わないのは不自然だ”


コテージに戻ってないか調べに行こうとする二乃さん。
一花さんはもう少し探してみようと言うが…
二乃さんはかなり心配してる様子。


風太郎はなにか思い出したようだ。
心当たりがある”


一花を連れてリフトにのって上から捜し始める
しばらくして…


一花のフードを取る風太郎。
”みつけた”

イツキさんが一花に変装していたようだ。
”いつから…”

気づいたのはつい先ほど。

考えてみれば、スキーの最中に風太郎のことを
一花が”上杉君”と呼んだことが不自然だった、
ということらしい。

冒頭でミクさんと電話していたのは本物だよね。
本人もスキー場にいたなら、どこかで誰かが
気付いててもおかしくない気はするよね。


イツキさんが一花さんの看病をしていた時、
2人で風太郎の話をしていた。
風太郎はそんなに悪い奴に見えるか、と問う一花。

そうではないが、男女の仲となれば話は別。
男の人はもっと見極めて選ばないといけない
とイツキは言う。

”イツキちゃんはまだ追ってるんだね”
”大丈夫。風太郎君はお父さんとは違うよ

彼女達の親父さんが男として最低だったってこと?
浮気でもして母親を悲しめたとか?
だから風太郎を警戒していた、ってことなら
わからなくもないけど、他の五つ子達には
そういうの感じられないかな…。


リフト上の二人。
私、確かめたくって

何を確かめたかったのかは、ちゃんとして欲しいかったところ。
どうして変装までしたのか、良く分からないし。
一花に変装して風太郎に近づくことで、
2人がよからぬ関係になっていないかどうか、
監視していたってこと?


熱が相当あるのか、朦朧としている風太郎
イツキさんに寄りかかってしまう。
慌てるイツキさんだが、様子がおかしいことに気付く。


宿舎の医務室?に連れて行く。
しばらく安静にして様子を見るようだ。
五つ子は荷物を持ってくるように頼まれる


風太郎は二乃に話しがある、と声をかける。
金髪君とのダンスの件だ。
”外せない用事ができたらしい”
”スキー場でたまたま会って頼まれたんだ”

肝試しの際の風太郎の誤魔化しで始まった金髪君の件だけど、
結局、終わりも誤魔化しになっちゃったね


他の4人は部屋を離れていく。
ミクさん
”せっかく林間学校に前向きになってくれたのに”
”一人で、こんな寂しい終わり方でいいのかな


”風太郎君にうつしちゃったかな”という一花さんに、
”風太郎は最初からおかしかった”とミクさん。

”ごめんね。ダンス断るべきだった”
”もっと早く気がついてたらよかったのにね”
”伝説のこと。ミクの想い”
”(そして、この気持ちにも)”

ここだけじゃないけど、言葉の曖昧さが自分には気になるかなぁ…
”この気持ち”、というのは風太郎のことが好きってこと?
でも、今までのシーンで明確に好き、ってことを示してない
と思うんで、なんかモヤモヤする感じ。
さらに言うなら、彼のことが好きなんだとして、
ミクや伝説のことに気づいていたら、
どうしてダンス断るべきだったんだろうか。
自分が身を引く、ということが前提?
それとも、”この気持ち”は彼とは別のことなんだろうか…



一花さんを抱きしめるミクさん。
”ずっと気にしてた。皆が風太郎とどう接してるのか”
”私だけ特別なんて平等じゃない、って思ってたから。”
”でも、もうやめた”
”(独り占めはしたい。この感情に嘘はつけない)”
”(だけど、それは今じゃない)”
”私は風太郎が好き。だから好き勝手にするよ”
”その代わり、一花も皆も、お好きにどうぞ”


風太郎の荷物を取りに行った四葉。
付箋だらけのしおりをじっと見ている。
具合が悪いのを知らずに連れまわしたことを後悔。


しおりを渡されたイツキさんがメモを見つける。
彼が何を感じているのかは聞かなければ分からないが、
”無駄ではなかったようですよ”

メモには、四葉が手伝ってくれたことや、
スキーを教えてくれることが書かれている。

四葉は彼に楽しんでもらえたかどうか聞きに行くことに。

彼女は最初から風太郎にとって想い出になるように、
って考えてたよね。空周り気味ではあったかもしれないけど、
盛り上げ役的として貴重な存在だったんじゃないかな。


イツキさんも風太郎のところに。
先生が居眠りしている間にもぐり込んだようだ。


まずは電気をつけようとした時、姉妹達の手が伸びる。
皆、心配していたらしい。


外ではキャンプファイアのフィナーレに向けて
カウントダウンが始まった。


あ、誰だ?と思えば、らいはさん。
オープニング、つまり風太郎の結婚式の日
ジャンプしたようだ。飛びすぎだろう
結婚指輪を忘れて、らいはさん(大)に頼んだみたい。


結婚式場を探索するらいはさん。


風太郎は居眠り中。
腕には昔らいはさんがあげたお守りが。


式が始まり、新婦入場。

ここで再び林間学校


病室代わりの部屋で眠る風太郎の指を五つ子達が
それぞれ握っている。彼に元気を渡そうってことか。


一:”あの時もずっと耐えてたんだね”
二:”はやくいつもの調子に戻りなさい”
三:”私達5人がついているよ”
四:”私のパワーで元気になってください”
五:”この林間学校、あなたは何を感じましたか?”


むくりと起き上がる風太郎。
礼でも言うのかと思えば…


”うるせぇ、寝られないだろう”


”さっさと出て行け!”
まぁ口が悪いのはいつもの事か。


そして、いつもの通学路。後ろから呼び止められる。
振り返れば五つ子達全員がそろっている。


今日も授業後は勉強会。


どうやら二乃さんもイツキさんも参加するようだ。


”期末試験に向けて、ビシビシ行くからな”

---------------------------------------------

ダンスは全回避でしたね。意地の悪い言い方になるけど、
風太郎に風邪を引かせたのはこのためなんでしょう。
ただ、とりあえず角が立たない方向で収まったからといって、
納得がいくかというと、ここまでダンスの件を引っ張ってきたのに、
なんだったのかな、と思わなくもないです。他にも気になるところ
を幾つかあげていきます。

一花さんの涙の理由は結局のところなんだったんでしょうね。
学校をやめるかも、という話もどこにいったんでしょう。
キャンプファイアの傍でミクさんと2人でいる時に、
”もっと早く気付いていれば…(この気持ちにも)”
というところがありましたが、上に書いたように、曖昧さが
自分にはどうしても気になります。
学校をやめる話にしても、大事な話だと思うんだけど、
前回、風太郎と二人で倉庫に閉じ込められたときに
少し触れただけで、賛成してるのかどうかも良く分からず、
何のためにこの話を出してきたのか、ちょっと疑問に思うところ。

ミクさんは”平等”よりも”公平”を目指すほうに転換して、
ダンスは”両手に花作戦”でいこうと決心したものの、
一花にも話すことなく、その後、風太郎の風邪でダンスの機会
そのものが流れてしまい、結局のところ、平等だとか公平だとか、
彼女が拘ってきたことそのものも決着をみることなく、最終回。
風太郎が踊れなくなったから仕方ない、と言えばそうだけど、
自分には風邪を引かせて回避したように見えてしまうんですよね。
そもそも、彼女にとってなぜ”平等”であらねばならなかったかも
十分に説明のないままだったし、風太郎の四葉に関する発言を
キッカケに”公平”を目指し始めたのも消化不良気味だったので、
小さな疑問が二重掛けになったままなんですよね。

イツキさんはなぜ変装までして風太郎を監視したんでしょう。
ことの始まりは旅館の朝の件で、一花さんとの会話の中で、
どうやら親父さんに一因がありそうなことはわかったけど、
それがどうして変装に結びつくのか、ちょっと分かりにくいです。
例えば親父さんが彼女達の母親を苦しめて、彼女にとって
男性を警戒する原因となっているのだとして、それをちゃんと
説明して欲しいと思うのは欲張りでしょうか。
この林間学校では、彼女は風太郎に対して敵対的だったけど、
病気を挟んで特に気持ちが和らぐようなことは起こってないのに、
その後の展開で他の姉妹同様、彼に対して好意的になっている
のも、少し首を傾げてしまいました。

いろいろ書いてきたけど、だからと言って見なけりゃゃよかった、
と思ってるわけでもありません。ただ、もったいないな、というのが
一番しっくりくる表現でしょうか。例えば、二乃さんと金髪君の
話はハッキリ言っていらなかった
と思うんですよね。この話を
省略することで生まれた余力を他の説明不足なところだとかに
まわしていたら、もっと説得力のある展開になったような気がします。
原作を読んでないのでアニメが原作に忠実に作られてるかどうか
わからないけど、原作を逸脱しないまでも、原作を補完するのは
原作派の人たちにとっても問題はないだろうし。具体例をあげるなら、
イツキさんの父親が彼女に与えている影響を説明してもらえれば、
なぜ一花の変装をしてまで風太郎を監視することになったのか、
もう少し理解できたんじゃないか、って思います。二乃さんはタイプ
じゃないけど、五つ子一人ひとりはいい子たちだから余計に、
説明不足だったり、疑問が解消されないままだったりしたまま
終わってしまったことが、もったいないな、と感じています。

さて、12話終了ですが、第二期はあるのでしょうか?
ウェディングで相手が誰かを特定したわけでもないし、
彼女達の成績が上がったわけでもなく、一花さんの退学/転校
の話も尻切れになった状態から見れば、続きの余地を
残して終わったと言えなくもないでしょうか。
自分としては、正直なところ風太郎は好きじゃないんだけど、
五つ子達のその後は気になるところでもあるので、
もう少し区切りのいいところまでやって欲しいかな。
原作読めば済むことではあるんだけど、しばらくは2期を
待ってみようかな、というところです。

それでは、お疲れ様でした^^/

関連記事

閲覧履歴

Anime Square | Page Top▲

New >>
アニメ関連書籍:ひとりぼっちの○○生活
<< old
angela / THE BEYOND(キングレコード)
ブログ検索
-------------------------

日付検索

   

カテゴリ
BD・DVD情報
CD情報
抱き枕
他グッズ
ゲーム
コミックスINDEX
限定本
アニメ関連書籍
ライトノベル発売予定
画集・FB等
雑誌
その他書籍
フィギュア
フィギュア(グッスマ)
フィギュア(壽屋)
フィギュア(キャラアニ)
フィギュア(マックス)
フィギュア(アルター)
フィギュア(スカイチューブ)
フィギュア(メガハウス)
フィギュア(WAVE)
フィギュア(オーキッドシード)
フィギュア(グリフォン)
フィギュア(Freeing)
フィギュア(プラム)
フィギュア(海洋堂)
フィギュア(アイズ)
フィギュア(ファット)
フィギュア(オルカトイズ)
フィギュア(Gift)
フィギュア(キューズQ )
フィギュア(ペンギンパレード)
フィギュア(アクアマリン)
フィギュア(ブロッコリー)
フィギュア(ダイキ工業)
フィギュア(ウイング)
フィギュア(アルファマックス)
フィギュア(DRAGON Toy)
フィギュア(その他)
コミックス
コミックス:電撃コミックス
コミックス:アライブ
コミックス:フラッパー
コミックス:ジーン
コミックス:ドラゴンコミックスエイジ
コミックス:ジャンプ
コミックス:ヤングジャンプ
コミックス:少年マガジン
コミックス:ヤングマガジン
コミックス:月刊少年マガジン
コミックス:少年サンデー
コミックス:ゲッサン
コミックス:カドカワコミックスA
コミックス:チャンピオンRED
コミックス:ヤングチャンピオン
コミックス:少年チャンピオン
コミックス:ビッグガンガン
コミックス:ヤングガンガン
コミックス:ガンガンJOKER
コミックス:ガンガンONLINE
コミックス:Gファンタジー
コミックス:少年ガンガン
コミックス:まんがタイムKR
コミックス:芳文社コミックス
コミックス:まんがタイム
コミックス:百合姫コミックス
コミックス:REXコミックス
コミックス:ぱれっと
コミックス:ZERO-SUM
コミックス:DNAメディア
コミックス:ジェッツコミックス
コミックス:アフタヌーンKC
コミックス:モーニングKC
コミックス:イブニングKC
コミックス:シリウスKC
コミックス:KCデラックス等
コミックス:マガジンエッジ
コミックス:ブレイド
コミックス:アース・スター
コミックス:リュウコミックス
コミックス:サンデーGX
コミックス:ビッグコミックス
コミックス:GUM COMICS
コミックス:星海社
コミックス:ファミ通クリアコミックス
コミックス:ヤングキング
コミックス:メテオCOMICS
コミックス:ゼノンコミックス
コミックス:ヴァルキリーコミックス
コミックス:エッジスタコミックス
コミックス:キューン
コミックス:アクションコミックス
コミックス:ヒーローズ
コミックス:サイコミ
コミックス:ニチブンコミックス
コミックス:モンスターコミックス
コミックス:バンブーコミックス
コミックス:ガルドコミックス
コミックス:ハルタコミックス
コミックス:バーズコミックス
コミックス:ビームコミックス
コミックス:HJコミックス
コミックス:バンチコミックス
コミックス:コロナコミックス
コミックス:サンデーうぇぶり
コミックス:ビーツコミックス
コミックス:ジーンLINE
コミックス:アルファポリス
ニュース
アニメ感想
未分類
RSSフィード