五等分の花嫁 第11話 感想

Home > 2019-03 / アニメ感想 > This Entry 

五等分の花嫁 第11話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】五等分の花嫁
【公式】五等分の花嫁
【前の感想】五等分の花嫁 第10話 感想





前回では、一花さんと二乃さん、どちらとキャンプファイアで踊るかの選択を迫られた風太郎が、不用意な発言で一花さんを泣かせてしまいました。二乃さんのほうは存在しない人物、つまり、彼女が風太郎の親戚だと思い込んでる金髪君との約束だし、断っても風太郎には影響がなさそうに思えたけど、彼が選んだのは二乃さん。最終的な決定ではないのかもしれないけど、ここはちょっと首をかしげる選択でした。選んだ理由も示されなかったしね。

一花さんがなぜ涙を見せたのか、それは多分今回明らかになるんでしょう。キャンプファイア用の丸太の運搬を終えた係員が倉庫の中に一花と風太郎が隠れていることに気付かないまま鍵をかけてしまったので、しばらくの間2人きり。風太郎が誤魔化す可能性もあるけど、彼女が涙を見せた以上、単にダンスを踊る踊らない、って問題じゃないと思うんで、ちゃんと向き合って欲しいところ。ただ、一花さんが、なぜ、と聞かれて明確な答えを見つけられるかどうかが問題でしょうか。知らぬ間に芽生えた恋心なのか、弟に接するような気持ちだったのか、どんな気持ちであれ、明確な形をまだ持ってない可能性もありそうな気がします。あと、これはミクさんと一花さんの関係でも重要かもしれないね。ミクさんに風太郎のことをどう思っているのか尋ねられた時、一花さんは明確な答えを示しませんでした。彼女が答えを見つけられるかどうか、それを誰に伝えるのか、あるいは伝えないのか、恋愛ゲーム的に言うなら、重要な分岐点になるのかなと。

一方、二乃さん。前回の感想でも書いたことだけど、正直なところ強引な展開についていけてないし、好きなキャラでもないので、ダンスの件については、彼女には諦めて欲しいところ。外見だけで格好いいとか、踊りたいとか言われても、自分としては”あ、そう”って感じだし、断っても彼女が悲しむ理由もないし。ただ、風太郎の昔の写真が他の4人が知るところとなったりとか、ってことになると、ダンスの話だけじゃ済まなくなりそうだよね。彼女が写真を持ってるわけじゃないんで、可能性は低いかもだけど。

ミクさん、イツキさんについても思うところはあるけど、とりあえず11話みてから、ということにします。
では、視聴開始。




#11 結びの伝説3日目


倉庫に閉じ込められてしまった二人。
防犯センサーがついてるから、ぶち破ったら
まずいらしい。


センサー解除できないかどうか、彼女を肩車して調べることに。
が、重くて持ち上がらない^^


火を起こし始めた風太郎。
よくすぐに用意できたな。


その頃、宿舎では四葉、イツキ、ミクが
2人がいないことに気付いたようだ。


一花さんは火をおこす風太郎の横で、
関係のない話ばかり。風太郎は集中したいから?
彼女の話には反応なし。

涙を見せたことを聞かれないのは良かったけど、
彼女自身、良く分かってないようだ。


私、学校やめるかも
仕事の都合でメールが来てたね。
映画の撮影をしてて、新しい仕事の話もあるらしい。


”お前がいなくなったら給料はどうなる?”
本気で言ってるのかどうか分からないけど、
まずそこなの?と、言いたくなるねぇ…(-ω- ?)


”うまくいけばもうけもの”
”何事も挑戦だ”

学校やめて仕事に専念したいのならそうすればいい、
ってことだろうか?応援しているように聞こえなくも無いけど、
もう少し親身になって聞いてあげてもいい気がするね(-ω-。)


ミクさんとイツキさんで2人を探している。
イツキさんは旅館での朝のことがまだ引っかかってる様子。


小さな焚き火を起こすことが出来たようだ。
倉庫の中で焚き火はマズイと思うけど^^


”いいよ。キャンプファイアのダンス”
私との約束はなかった、ってことで”
”その代わり、今踊ろう?”
”今夜は二人だけのキャンプファイアだよ”

”ま、誰も見てないしな”


一花さんの方は…
”(センサーに異常なし、これなら大丈夫)”

ドキドキしてることを風太郎に悟られたくない、
ってことだろうか。逆に言うと、意識してる、
本番では踊れなくても、彼と踊りたい、
ということだろうか


風太郎が何気なく伝説の話を持ち出したが、
彼女は知らなかったようだ。

キャンプファイアで踊った二人は生涯結ばれるって”
”それ、ミクは知ってるの?”


後ずさりする一花さん。
”そんなつもりじゃ…”
伝説を知っていたミクにとってのダンスの意味を知り、
うろたえているようだ。
足で引っ掛けた木が倒れ掛かってくる。


風太郎が引っ張ってうまく避けられた。


が、背中を支えられ、踊っているような姿勢のせいか、
胸が高鳴ってしまう一花さん。


”離して”と暴れるのは胸の高鳴りを誤魔化すため?


倒れた丸太が扉を破り、
防犯センサーが作動してしまった。
なぜかここでスプリンクラーが作動。
焚き火には反応しなかったのに…
防犯センサーと連動してるのか?^^;

逃げ出すか、
”ひとまずセンサーを何とかしろ”
って一花さんに言ってどうするの???
”鍵がないと…”


その時、倉庫の扉が開く。
”二人して、こんなところで何をしてたんですか?”
イツキさんとミクさんだ。
怒っていらっしゃる様子?


先生には大目玉。
イツキとミクには疑いの目で見られてる?

最終日を迎えた林間学校。


イツキさん
”私たちは平等。だとしたら、私はどうしたら…”

最近のイツキさんの行動はちょっと分かりにくいかな。
平等って言葉は一花さんにも言ってたけど、なぜ平等
であることに拘ってるのか、背景がよくわからないんだよね。
平等であることの意味も曖昧だし。5等分であることが、
ここではダンスを一花に譲ることに繋がってるのも、
どうしてなんだろう、と思ってしまう。


一花さんは体調を崩したようだ。
スプリンクラーで水かぶったからかな?

イツキさんは割と容赦ない。
”事故とは言え、不注意が招いた結果です”

旅館の朝の件が背景にあるのはわかるけど、
イツキさんは子供を監視するPTAオバサンか先生みたい(;´Д`A “

”イツキちゃんは私に付き合わなくていいから”
”それとも、風太郎君と顔合わせづらい?”
”あの旅館から、ずっと警戒してたもんね”

”やはりあれは一花でしたか”
(中略)
”まさかこんなことになるなんて

こんなこと、ってのは、一花と風太郎が
ただならぬ関係だって言ってるのかな?
夜二人で行方不明になったことを言ってる
わけではなさそうだよね。ここに限らない
けど、どうも言葉の曖昧さが気になるなぁ。


風太郎も調子が悪いようだが、
四葉とスキーに。ミクさんも登場


風太郎が不用意に顔を近づけるものだから、
動揺して転んでしまう。


手を差し出すも、昨晩の一花とのことが影響しているのか、
それともダンスの件のせいなのか、彼女はその手をとらない。


横を滑っていくのは一花さん。
イツキさんは顔を合わせずらいため、一人らしい。


楽しくスキー覚えようよ、と一花が提案。
追いかけっこ。一番上手い四葉が鬼に。


遅れ気味の風太郎の横に一花さん。
”昨日のこと、誰にも言ってない?”
学校をやめる話し?は誰にも言っていないようだ。



止まり方を知らない風太郎。木に激突

なんとか起き上がるが、
おでこの絆創膏がハラリと落ちる。
肝試しの際、二乃さんが貼ってくれたものだ。


そこに偶然、二乃さん。絆創膏を拾いあげ…
”もしかして金太郎君でしょ”
誤魔化そうとするが…
”だってこれ君にしかあげてない”と言われ逃亡。


前には追いかけっこの鬼、四葉、後ろには二乃。
挟まれてしまった風太郎。


咄嗟に隠れたらそこにミクさんが…
”危ない。捕まるところだった…”
ん?ミクさんが引き入れてくれたのか?
小さなかまくらのようだ。


外に出ようとすると、引き止められてしまう。
頬を染めているが、何を言いたいのか自分でも
分かっていない様子。
”ほら、まだ四葉がいるかも”

”さて、どうやって逃げ切ろうか…”
”そうだ、四葉にはハンデをもらおうよ”
”何か荷物を持ってもらって足の速さを平等に”


四葉の運動能力は彼女が自分で身に着けたものだから、
その努力を否定したくない、と風太郎。
全員平等もいいが、そこに至るまでを否定しちゃいけない。
平等じゃなく、公平に行こうぜ

個性を大事にしてあげたい、ということなんだろう。
追いかけっこで追われて逃げて、の話しから、
ミクさんが最近口にしていた平等って言葉を風太郎が
持ち出してきて、いいこと言わせようとしてるのは
分かるんだけど…少し唐突な気がする。


立ち上がろうとして頭をぶつけてしまったミクさん。
”公平に行こうぜ”という彼の言葉で、
彼女の中で何かが氷解したようだ。
ここのところ表情が硬かったけど、
今はもう晴れやかな笑顔。


風太郎は外の空気を吸いに。
ミクさんは一花さんに電話。
一花、あのね、話したいことがある

-------------------------------

思うんだけど、色んな展開を突っ込み過ぎなんじゃないかなぁ…。
一花さんの涙やミクさんの葛藤、二乃の金髪君一目ぼれ、
イツキさんの監視。五つ子の物語とは言え、焦点が定まらない感じ
が今回は特に際立ってたように思います。

一花さんの涙の理由はうやむやにされてしまったね。
風太郎が気を使ったようにも見えなかったし、少し消化不良気味。
彼女が学校をやめるかも、って話しも大事なところだと思ったけど、
風太郎がまず口にしたのはバイト代のことで、
後の台詞も応援してるのか何なのか良く分からず。
涙の原因となったキャンプファイアのダンスの話しも、
中途半端なところで終わってしまいました。
一花さんが風太郎を意識してるようなシーンは何度か
描かれていたし、ミクさんに遠慮するところはあるにしても、
一花さんが風太郎のことをどう思っているのかすら
曖昧にしてしまうのはちょっと納得のいかないところ。
なぜ一花に対して踊るのをやめようと言ったのか、
言い換えれば、二乃を選んだ理由も分からないままですね。

イツキさんは風太郎をやめさせたいのかな?
そこまでじゃないにしても、風太郎の行動を見て、
まるであら探しをしているしてるみたい。
旅館の朝の件も、一花が風太郎とどういう関係になろうと
彼女がとやかく言うことじゃないし、イツキさん自身は
風太郎に異性として関心があるようには見えないから、
彼女が何をしたいのかが良く分からないんだよね。
家庭教師と生徒としての関係を逸脱しないことが大事、
という趣旨のことを以前口にしてたけど、
それを風太郎が乱そうとしてるだろうか?
少し大げさに言うと、彼女はまるで風太郎の”逸脱”を
見逃さないように目を光らせているかのように見えて、
それがPTAオバサン的に見えてしまうんだよね。
五つ子の絆を他人に乱されたくない、ということなんだろうか。

最後に、ミクさん。彼女が平等であることに縛られていた
みたいだけど、それが風太郎の”公平で”と言う言葉で
吹っ切れたようです。正直よく分かってないけど、彼女は
一花に話したいことがある様子。一花にダンスの相手を
代わって欲しいと頼むのでしょうか?その一花とのダンス
は既に風太郎が止めようと言い出しているし、かと言って、
二乃と踊りたいから一花とは踊らない、ってことでもなない。
一体、どうなるんでしょう。もし、ミクさんと踊るなら、
一花の涙の理由はどうでもいいのかな、ってことになって
しまうので、納得のいく落しどころはちょっと想像しにくいかな。

まぁ、何にしても、残りあと1回。
上に書いたようなことを全てきれいにまとめるのは難しそう
な気がするけど、強引にまとめるより、二乃さんの話しとか、
重要じゃない部分はそぎ落として、焦点を絞って欲しいところ。

では、また最終回にて^^


関連記事

閲覧履歴

Anime Square | Page Top▲

New >>
魔法少女リリカルなのは Detonation Blu-ray Disc(キングレコード)
<< old
アズールレーン シグニット[海辺の十字星](アワートレジャー)
ブログ検索
-------------------------

日付検索

   

カテゴリ
BD・DVD情報
CD情報
抱き枕
他グッズ
ゲーム
コミックスINDEX
限定本
アニメ関連書籍
ライトノベル発売予定
画集・FB等
雑誌
その他書籍
フィギュア
フィギュア(グッスマ)
フィギュア(壽屋)
フィギュア(キャラアニ)
フィギュア(マックス)
フィギュア(アルター)
フィギュア(スカイチューブ)
フィギュア(メガハウス)
フィギュア(WAVE)
フィギュア(オーキッドシード)
フィギュア(グリフォン)
フィギュア(Freeing)
フィギュア(プラム)
フィギュア(海洋堂)
フィギュア(アイズ)
フィギュア(ファット)
フィギュア(オルカトイズ)
フィギュア(Gift)
フィギュア(キューズQ )
フィギュア(ペンギンパレード)
フィギュア(アクアマリン)
フィギュア(ブロッコリー)
フィギュア(ダイキ工業)
フィギュア(ウイング)
フィギュア(アルファマックス)
フィギュア(DRAGON Toy)
フィギュア(その他)
コミックス
コミックス:電撃コミックス
コミックス:アライブ
コミックス:フラッパー
コミックス:ジーン
コミックス:ドラゴンコミックスエイジ
コミックス:ジャンプ
コミックス:ヤングジャンプ
コミックス:少年マガジン
コミックス:ヤングマガジン
コミックス:月刊少年マガジン
コミックス:少年サンデー
コミックス:ゲッサン
コミックス:カドカワコミックスA
コミックス:チャンピオンRED
コミックス:ヤングチャンピオン
コミックス:少年チャンピオン
コミックス:ビッグガンガン
コミックス:ヤングガンガン
コミックス:ガンガンJOKER
コミックス:ガンガンONLINE
コミックス:Gファンタジー
コミックス:少年ガンガン
コミックス:まんがタイムKR
コミックス:芳文社コミックス
コミックス:まんがタイム
コミックス:百合姫コミックス
コミックス:REXコミックス
コミックス:ぱれっと
コミックス:ZERO-SUM
コミックス:DNAメディア
コミックス:ジェッツコミックス
コミックス:アフタヌーンKC
コミックス:モーニングKC
コミックス:イブニングKC
コミックス:シリウスKC
コミックス:KCデラックス等
コミックス:マガジンエッジ
コミックス:ブレイド
コミックス:アース・スター
コミックス:リュウコミックス
コミックス:サンデーGX
コミックス:ビッグコミックス
コミックス:GUM COMICS
コミックス:星海社
コミックス:ファミ通クリアコミックス
コミックス:ヤングキング
コミックス:メテオCOMICS
コミックス:ゼノンコミックス
コミックス:ヴァルキリーコミックス
コミックス:エッジスタコミックス
コミックス:キューン
コミックス:アクションコミックス
コミックス:ヒーローズ
コミックス:サイコミ
コミックス:ニチブンコミックス
コミックス:モンスターコミックス
コミックス:バンブーコミックス
コミックス:ガルドコミックス
コミックス:ハルタコミックス
コミックス:バーズコミックス
コミックス:ビームコミックス
コミックス:HJコミックス
コミックス:バンチコミックス
コミックス:コロナコミックス
コミックス:サンデーうぇぶり
コミックス:ビーツコミックス
コミックス:ジーンLINE
コミックス:アルファポリス
ニュース
アニメ感想
未分類
RSSフィード