約束のネバーランド 第8話 感想

Home > 2019-03 / アニメ感想 > This Entry 

約束のネバーランド 第8話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】約束のネバーランド
【公式】約束のネバーランド
【前の感想】約束のネバーランド 第7話 感想





前回ではシスターとの協力関係を結んだエマ達でしたが、双方が信頼しあって結んだ関係ではなかったため、ある程度の情報を得ただけにとどまりそうな気配ですね。彼らの脱出を直接的に手助けするようなことはシスターもするつもりはなさそうだし。どころか、物証を掴みさえすれば、彼らを突き出す気まんまんのようにも見えます。加えて、本部からの手紙によって、彼女がハウスを去る可能性も出てきました。

シスターとの会談では、彼女自身が農場出身者であることや、12歳の女子は条件付でママを目指す道を与えられる、といった情報を得られましたけど、脱出に直接影響するようなものではないんですよね。結局のところ有用と言える情報は、発信機の信号を見るためのコンパクトでは、信号発信者の現在地しかわからない、ということくらいでした。

そして、特に気になっていること。

レイが用意したと思われるメモをシスターが見たとき、ママの弱みを握った、と言っていました。レイがシスターにママの弱みを教えたことにどんな意味があるのか。弱みとは何のことなのか。そのメモを切り札にしてシスターはママの座を得るつもりだったハズで、その野望を実現する余地はまだ残されてるのかどうか。レイの思惑が良く分からないし、本部からの手紙のこともあるし、この件についての予想をするのは困難ですが。

さて、他にも気になることはありますけど、
前回の感想でも書いたことなので、
第8回、視聴開始といきます



シスターがママと向かい合って書類に目を通している
第4プラントのママに任命されたらしい。

グランマが迎えに来ている。今すぐ本部へ戻りなさい”
”グランマ”がまた出てきた。
2人の共通の上司か


”さよなら。新たなプラントでもがんばってね”
”光栄です”と言いながら、震える手で手紙を握りつぶすシスター。
排除しようとしてるのか、本当に昇進なのか。
シスターはあまり喜んでるようには見えないが…。
ならば追い出しか。
仮にそうだとして、以前レイがママに忠告してたから、
早速動いた、ってことなのか?
それとも、シスターの勝手な動きをレイとは別のルートで
把握してた、ってことか?


ドアが閉められた後、シスターの独り言
あの女、私を始末する気だ
”いちかばちか、やるしかない”
”あの女の思い通りにさせてたまるか”

”始末”とは尋常じゃないな(´・ω・`;A)
そう簡単にママにしてもらえるワケナイってこと?
手にしたメモは、レイが掴ませたものか。
ママの弱みが書いてあったハズだが、
これを利用すると言うことは、ママへの反逆?
”やるしかない”ってのはそういうことか。


ボールペンとハンカチ、箱状のもの

ボールペンが何か意味ありげな感じ…(-ω- ?)


そして、カバンを持って門へと向かうシスター


門で待っていたのはグランマ
文字通りおばあちゃんっぽい感じ


メモを手に持ち、緊張した面持ちで
”ご報告したいことが”


渡したメモを読んだグランマ
”つまりこういうことですか?”
このメモの事実に加え、”
”他のフルスコアも秘密を知って逃げようとしている”

シスター
”脱走の件は物証はありませんが、信じてください”

”でも、制御は出来ているのでしょ?”
制御できているのなら、問題ありません


かつての私のように
塀の上のにいるのはかつて脱走を試みた子供か?
コンパクトを手に持ったママはグランマ自身か。
”制御、と言う言葉は何度か使われてきたね。
子供の中でもエマ達のように、反抗的な者を抑える
ことだろうか?彼らをコントロールできているなら、
組織の秘密を知っていても、脱走を試みようとしていても、
問題ない、ということか。
そして、そういうことを、グランマ自身もかつて
ママとして経験しているのか。


”困るのですよ。シスタークローネ”
”イザベラの邪魔をすることは”
特別なのです。あの子も、あの子のプラントも

”イザベラは私に必要なコマです”
”あなたでは代わりは務まらない”
ティファリに最上の一皿を
”農園に最大の利益を”

ティファリは3話でも出てきた言葉。
おそらく化物たちにとって重要な儀式か、なにか。
つまり、化物たちにとってその特別な時に、
極上の肉を提供することが農場の利益となる。
それを最大化するのにイザベラが必要だ、ということか。

しかし、これではまるで、化物に強制されているのではなく、
人間の組織が自らの利益のために積極的に子供達を飼育してる
みたいじゃないか…((((;゚;Д;゚;))))


去っていくグランマ。
どうやら賭けに出て敗北した様子のシスター
”あぁそう…完全にグルだったの”
”最初から私に勝ち目など…”


背後の柵が閉じられ、檻となる。
忍び寄る化物。

こんな退場になるとは、全く予想してなかったよ。
グランマに渡したメモには何が書かれてたのか
わからないままだけど、ママの弱みが何であろうと、
グランマの発言の内容からすると、全く重要じゃないのかもね。


化物と対峙するシスター
そして彼女の人生の回想
12歳の選択でママになる道を選んだ者たちの人生の縮図か。


シスターが抱いていたあの汚いぬいぐるみも、
最初は綺麗で、子供のころからずっと大切にしてきたようだ


そして、選択の時。





続く回想。
12歳で選択肢を与えられ、ママとなる道を選び、
そして今に至るまで、平坦な道のりであったハズがないか


そしてある日、 研究員風の男が忘れていったボールペン
シスターが門に向かうときに手にしていた物のようだ。
この時手に入れて、今まで持っていたことにどんな意味があるのか。
意味ありげに何度も映す以上、重要なのかもしれないが、
全く意味が分からない


ナイフで抵抗を試みるシスター。
グランマは笑みを浮かべているようだ


化物に捕まってしまう
そして、断末魔の叫び。

息絶える前、シスターが語るのはエマ達へのメッセージ

”ぜったいにやれよ。糞ガキども”
”鬼ごっこは得意でしょ”
”逃げて、逃げて、生き延びて”
”このクソみたいな世界をぶち壊せ”



化物が手にしたものが胸に刺さって
花が咲いたように見えなくもないが…

-----------------------------------


レイがママのもとを訪れる
”始めようぜ、薬剤のすり替え”

ノーマンが企てているママ殺害計画に使う予定の
洗剤だとかをすり替えようって前回レイから提案してたね。
これでママを引き付けておいて、下見の時間を稼ぐ、
ってことか


エマ達とは事前に打ち合わせ。
ノーマンとエマ:塀に登って下見
ドンとギルダ:ハウス2階の南窓が見える位置へ
レイがママをひきつけられなかったら合図。
合図を受けたら下見を中止


レイと二人で階段の途中、語りだすママ。
ママ:”シスタークローネは排除した


冷酷なママの言葉の意味するところに気付いたのか、
レイは顔をゆがめて階段を駆け上がる。


さらに追い討ちをかけるかのように
”いらなくなった。だから排除した”
”あなたもよ”
取引は今このときを持っておしまい


レイは平静を保っていられない様子
”なんで、ママには俺が必要だろ
”ママは俺を使ってあいつらを制御したいはずだ”
”俺はうまくやってた”


”常に使える犬だった。だから傍においていたわ”
たとえ嘘つきの裏切り者でもね


”あなたに落ち度は無い。これは不当解雇よ”
”私だって残念。最後まで手放したくなかったのよ”
”でも仕方ないの。事情が変わったの”
”ここからは私一人で制御する”

コンパクトを取り出した。
エマとノーマンの位置を知られてしまうのか


”ごめんね。レイ。私がこれからすることを許してね”

ママに取り付くも、引き剥がされ、
レイは部屋に鍵をかけられ、中に閉じ込められる


”戻ったらちゃんと出してあげる”

"森を走る信号。速さからしてエマとノーマン”
”一直線に塀のほうに向かっているわ”
下見かしらね。薬剤の件はどうでもいいわ”
”あなたは私を殺させない。あの子達のために”
”じゃあね、レイ。今までお勤めご苦労様”

下見の計画も含めて見透かされていたのか?(;゚д゚)
他にもスパイがいたということか?
シスターが排除されたことも含めて、
レイ以外のスパイがいないと話が合わないんじゃないか?
そもそも、 ”裏切り者”と分かってこれまでは使っていて、
そして、もうレイを必要としなくなった事情とは何か?


焦るレイ。


外では合図を待ているドンとギルダ
その前にコンパクトを持ったママが現れる
彼らの前を素通りしていくが、
ドンはハウスの様子を見に行く


レイのいる部屋に来たドン
ドアをぶち破る


外に駆け出し、ギルダと合流してママを止めに行く


塀の傍。エマとノーマンのいるところに
誰かが近づいてくる足音。
そしてママがやってくる。


”10年一緒に暮らしたけど、お芝居抜きで”
”おしゃべりするのはこれが初めてね”
”何も知らないいい子のフリなんてしなくていいの”
”今ここではただの飼育官と食用児

もう出荷を決めたということか(;゚д゚)
それともクローネのような処分か。
農場の秘密さえも当然のように口にする以上、
もう覚悟を決めていて、勝算もある、ってことか


”でも誤解しないでね。私は貴方達を愛している”
”だからこそ諦めて欲しくてここに来たの”
何を?と尋ねられたママ - ”抗うことを”

”大好きだから苦しんで欲しくない”
”幸福な一生じゃない?”
”暖かなお家でおいしいご飯と愛情いっぱい”
”飢えも寒さも真実も知らず死んでいく”
”いったいそれのどこが不幸だと言うの?”

暖かい言葉で、これ以上ないほどの残酷な内容だね。
狂ってる、って言葉では生ぬるい気がするよ(;´Д`)


”死なんて一瞬のこと”
”コニーはその瞬間まで笑顔いっぱいの満ちたりた人生を全うしたわ”

コニーを見送るときにはきっとママは
満面の笑顔を浮かべてたんだろうね。


エマは感情的に反駁するが、ノーマンに止められる

”逃げるなんて不可能。お外も危ないわ”
”お家の中でみんなで一緒に幸せに暮らそう”
”あなたたち5人にも幸せでいて欲しいの”

5人と言われて驚くエマ達


”わかったよ、ママ”
笑顔のノーマン
”もういい子はやめる”
そして走り出す2人


エマはママに飛びつくが、簡単に組み伏せられてしまう
嫌な音がした。足をねじられたようだ。
折れてるだろう


レイたち3人が走って近づいてくる


痛がるエマをあやすママ
”私の可愛いエマ。だから諦めてといったのに”

2人が走り出してこの難局を何とか乗り切る姿を
思い浮かべたけど、希望はあっさりと打ち砕かれ
てしまったね。躊躇無く足を折りにいったよな…。
ノーマンがエマを見捨てて行くわけないし。

”私はあくまで制御する”
”貴方達はそれほどまでに特別なのよ”
特別なお方しか食べられない。特別なご飯
”私が育てた最上の子供達なの”

本当にお芝居抜きだな。
”ご飯”って言っちゃったよ<(ll゚◇゚ll)>


”だからこそ守らねばならない。なんとしてでも”
”諦めてくれないから、こうするしかなかった”


ママがエマを抱いてハウスへ戻ってくる
子供達がママの周りに寄ってくる
ママは黙っている。


中に怯え始めた子供達がいるが、
何を見ているのかは分からない。
ママのほうじゃない、別の何かを見ているようだ

また、前のシーン


”これでしばらくは動けない”
”無事、明日を迎えられるわ”
”おとなしくお祝いしてね。エマ”


そしてノーマンの方を見るママ。
”上から通達があった。おめでとうノーマン。”
あなたの出荷が決まったわ


------------------------------------

メモに書いてあった内容だとか、発信機を壊すために
必要らしいカメラのことだとか、前回から気になっていた
ことが色々あったけど、そういうのがどうでもよくなるような
展開になっちゃいましたね。

まず、シスターのこと。
自業自得と言えば確かにそうだけど、
ただ追い出されるんじゃなくて、処分されてしまったのは
なぜだろう。処分は事前に決まっていた可能性が高いよね。
メモを使ってグランマに直訴したことがママへの反逆と看做
されてその場で急遽処分が決まった、ってことではないハズ。
最初からシスターの運命は決まっていて、だからママも
見てもいないのに”処分した”と言うことが出来たんだよね。

ただ目障りだったから処分した、でも別にいいけど、
エマ達の行動を見透かしてるようなママの行動を見ると、
少なくとも、レイ以外のスパイでもいるんじゃないか、
って気になります。そして、シスターの行動もママはほぼ
把握していて、許容限度を超えてしまったのかな、
と思ってみたり。

次に、今後のエマ達。

組織の秘密を知っていることを相手も知っていて、
もう誤魔化しようの無い状況で、しかも、
エマが実質的に囚われの身になってしまったら、
脱出なんてもう不可能でしょう。

加えて、ノーマンの出荷。しかも、明日。
連れて行かれる彼を見送るしかないんでしょうか?
抵抗する術もなければ、味方もいない。
こんな状況で子供達の側から逆転の一手を
打つ様子を想像するのは難しいよね。
もし、大逆転があるとするなら、これまでの展開の
中にヒントがあるハズだし…
彼らはもう積んでるでしょうか?

もし本当に味方と言える存在がいるとすれば、
彼らがハウスの図書室で見つけた本の蔵書票に
書かれた符号を書いた者くらいだろうか。
だが、向こうはエマ達のことを知らないのだから、
都合よく救いの手が現れるわけもない…
他になにかヒントがあっただろうか。
シスターが持っていたボールペンは意味ありげだったけど、
元の持ち主は組織の研究員風の男で、
それ以外の情報は残念ながらない。
じゃぁ、強引に彼が蔵書票の符号を書いた本人だった
と考えてみて…いや、妄想にしかならないか。
強引過ぎるし。

今まで以上に次回が気になりますが…
とりあえず、今日はこんなところで


関連記事

閲覧履歴

Anime Square | Page Top▲

New >>
てぃんくるイラストレーションズ Sextet Tea Party 天使の3P!(KADOKAWA)
<< old
化物語 5巻 特装版(講談社)※コミックス
ブログ検索
-------------------------

日付検索

   

カテゴリ
BD・DVD情報
CD情報
抱き枕
他グッズ
ゲーム
コミックスINDEX
限定本
アニメ関連書籍
ライトノベル発売予定
画集・FB等
雑誌
その他書籍
フィギュア
フィギュア(グッスマ)
フィギュア(壽屋)
フィギュア(キャラアニ)
フィギュア(マックス)
フィギュア(アルター)
フィギュア(スカイチューブ)
フィギュア(メガハウス)
フィギュア(WAVE)
フィギュア(オーキッドシード)
フィギュア(グリフォン)
フィギュア(Freeing)
フィギュア(プラム)
フィギュア(海洋堂)
フィギュア(アイズ)
フィギュア(ファット)
フィギュア(オルカトイズ)
フィギュア(Gift)
フィギュア(キューズQ )
フィギュア(ペンギンパレード)
フィギュア(アクアマリン)
フィギュア(ブロッコリー)
フィギュア(ダイキ工業)
フィギュア(ウイング)
フィギュア(アルファマックス)
フィギュア(DRAGON Toy)
フィギュア(その他)
コミックス
コミックス:電撃コミックス
コミックス:アライブ
コミックス:フラッパー
コミックス:ジーン
コミックス:ドラゴンコミックスエイジ
コミックス:ジャンプ
コミックス:ヤングジャンプ
コミックス:少年マガジン
コミックス:ヤングマガジン
コミックス:月刊少年マガジン
コミックス:少年サンデー
コミックス:ゲッサン
コミックス:カドカワコミックスA
コミックス:チャンピオンRED
コミックス:ヤングチャンピオン
コミックス:少年チャンピオン
コミックス:ビッグガンガン
コミックス:ヤングガンガン
コミックス:ガンガンJOKER
コミックス:ガンガンONLINE
コミックス:Gファンタジー
コミックス:少年ガンガン
コミックス:まんがタイムKR
コミックス:芳文社コミックス
コミックス:まんがタイム
コミックス:百合姫コミックス
コミックス:REXコミックス
コミックス:ぱれっと
コミックス:ZERO-SUM
コミックス:DNAメディア
コミックス:ジェッツコミックス
コミックス:アフタヌーンKC
コミックス:モーニングKC
コミックス:イブニングKC
コミックス:シリウスKC
コミックス:KCデラックス等
コミックス:マガジンエッジ
コミックス:ブレイド
コミックス:アース・スター
コミックス:リュウコミックス
コミックス:サンデーGX
コミックス:ビッグコミックス
コミックス:GUM COMICS
コミックス:星海社
コミックス:ファミ通クリアコミックス
コミックス:ヤングキング
コミックス:メテオCOMICS
コミックス:ゼノンコミックス
コミックス:ヴァルキリーコミックス
コミックス:エッジスタコミックス
コミックス:キューン
コミックス:アクションコミックス
コミックス:ヒーローズ
コミックス:サイコミ
コミックス:ニチブンコミックス
コミックス:モンスターコミックス
コミックス:バンブーコミックス
コミックス:ガルドコミックス
コミックス:ハルタコミックス
コミックス:バーズコミックス
コミックス:ビームコミックス
コミックス:HJコミックス
コミックス:バンチコミックス
コミックス:コロナコミックス
コミックス:サンデーうぇぶり
コミックス:ビーツコミックス
コミックス:ジーンLINE
コミックス:アルファポリス
ニュース
アニメ感想
未分類
RSSフィード