Anime Square

Home >アニメ感想  【ニュースアニメ感想フィギュアBD・DVDCD情報ラノベコミック

ぼくたちは勉強ができない 第10話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】ぼくたちは勉強ができない
【公式】ぼくたちは勉強ができない
【前の感想】ぼくたちは勉強ができない 第9話 感想





真冬先生はどこまでポンコツになっていくんだろうか、と思わなくもない今日この頃。前回では、マンションの前を通りかかった成幸を部屋にあげて、何事かと思えば、ゴキブリが超苦手だったようでした。思わず彼にしがみついてしまったり、帰ろうとするとリュックを鷲づかみにして引きとめたり、いいところナシの真冬先生。勉強を教えることで何とか教師としての対面を保てた感じ。出前でやって来た理珠さんは成幸が先生の所にいるのが面白くなさそうだったけど、彼女も成幸に対する自分の気持ちに気づき始めたと言う事でしょうか。後半は風邪で高熱を出した母親に代わってパートの仕事へと向かった成幸だったけど、ランジェリーショップの店員という、高校生男子にはハードルが高すぎる仕事でした。理珠さんとうるかさんの来店をなんとかやり過ごしたかと思えば、真冬先生のブラのホックをはめる事になったり、文乃さんの秘密”Aカップ”を知ってしまった挙句に着ぐるみを脱いでいるところを見つかってしまったり、散々な一日でしたが、いい社会勉強になったのかも?

さて、今回は第10話。公式の登場人物に最初から載っていた
浪人生がようやく登場するみたいだけど、どんな話に
なるでしょうか。それでは、視聴開始といきます。


全文表示

アニメ感想 編集

世話やきキツネの仙狐さん 第9話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】世話やきキツネの仙狐さん
【公式】世話やきキツネの仙狐さん
【前の感想】世話やきキツネの仙狐さん 第8話 感想





前回は夏休みの休暇がたった一日だと言う中野君を、シロさんが半ば無理やりビーチに連れ出し、束の間のサマーバケーションを満喫した回でした。あの世とこの世の狭間にあるというちょっと恐ろしげな場所だったけど、ビーチそのものは人気もなく、快適そのもの。ビーチバレーをしたり、バーベキューをしたりと、お隣さんも含めた4人で楽しむ事ができました。でも、ちょっと気になるところも。仙狐さんたちの同僚と思われる神使が現れ、彼ら4人を遠めに眺めながら”どんなことにも、終わりは来る”と呟いたり、一日の締めくくりに花火をしていた時、”この楽しい時間も終わっちゃうんだなって”と中野君が口にしたりと、終わりを意識させるシーンがあったんですよね。一見、夏休みの終わりのようでありながら、仙狐さんと中野君の同居生活に終わりが近づいているんじゃないかと意識せざるを得ないようなものでした。

今回で第9話。アニメの終わりも近づいてきているけど、どのような結末を迎えるんでしょうか。中野君も仙狐さんに大分癒されてきたし、任務完了で仙狐さんはお稲荷さんに戻り、もう2度と中野君の前には現れないのか。あるいは、帰りはするけど望めばいつでも会えたりするのか、それとも、仙狐さんにはずっと中野君の傍にいるという選択肢があるんでしょうか。もし彼女に中野君と共に、人として生きる道があるのなら、最高にハッピーだと思うんですが、どうでしょうか?

それでは、第9話。視聴開始といきます


全文表示

アニメ感想 編集

鬼滅の刃 第10話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】鬼滅の刃
【公式】鬼滅の刃
【前の感想】鬼滅の刃 第9話 感想





鬼舞辻の手下の鬼2体にに突如襲われた炭治郎達。鬼の1体、朱紗丸が操る手毬はそれに触れた物が破壊され、もう1体の鬼、矢琶羽が放つ矢印は触れたものの移動方向が変えられたりと、厄介な鬼達でした。珠世の助手の鬼、愈史郎の術によって矢印が見えるようになり、炭治郎はなんとか矢印男の首を飛ばす事に成功したけど、倒す事が出来たのかどうかは未確認。手毬女の方は腕を一時切り落としたものの、再生が早く、致命傷を与えなければ無力化するのは困難そうです。この2体の鬼との戦いでは、刀で首を切って消滅させる前に、珠世の研究に協力するため、血を採る必要もあるのが非常に難しいところ。矢印男が無力化出来ていたなら、手毬女のほうも矢印男の支援が受けられなくなって、操る手毬が複雑な軌道で飛んでくる事は無くなるかもしれませんが、それで侮っていい相手でもないでしょう。炭治郎はこの手毬女を無力化し、血を採取する事が出来るでしょうか。

今回で第10話。さっそく視聴開始といきます


全文表示

アニメ感想 編集

賢者の孫 第9話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】賢者の孫
【公式】賢者の孫
【前の感想】賢者の孫 第8話 感想





帝国ではシュトロームが魔人を作り出して破壊の限りを
尽くすしているようだけど、新たな情報は前回では
出てきませんでしたね。シン達は魔法研究会の
強化合宿でマーリンやメリダの力も借りてメンバーの
訓練を行う一方、オーグの婚約者や妹が出てきたり、
シンがシシリーに告白して晴れて恋人同士になったり、
いたって平和な印象。この様子だと、残り4話で
シュトロームの動きがあって、クライマックスを
迎える事になりそうでしょうか。そろそろ帝国でも
動きがありそうな気がするけど、今回で第9話。
それでは、視聴開始といきます。


全文表示

アニメ感想 編集

ぼくたちは勉強ができない 第9話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】ぼくたちは勉強ができない
【公式】ぼくたちは勉強ができない
【前の感想】ぼくたちは勉強ができない 第8話 感想





前回は成幸がスマホを手に入れたことをキッカケに、擬似的な混浴状態を経験したり、うるかさんの入浴シーンをみてしまったり、とサービス回?でした。後半では、部活に、勉強にと、頑張りすぎなうるかさんが倒れてしまい、水泳部の女子達が見舞いに来た際、とっさに成幸がベッドの下に隠れた事から、うるかの想い人が自分だということを知り、そのことで意識しすぎた彼は少しばかり挙動不審だったけど、彼女に直接確かめたことで結果的には吹っ切れたようでした。

さて、今回で第9話。真冬先生が再び登場するようです。
それでは、視聴開始といきます


全文表示

アニメ感想 編集

世話やきキツネの仙狐さん 第8話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】世話やきキツネの仙狐さん
【公式】世話やきキツネの仙狐さん
【前の感想】世話やきキツネの仙狐さん 第7話 感想





前回の癒しはマッサージでした。慣れない荷物運びで凝り固まった中野君の腰から背中にかけてを仙狐さんが手もみ、足ふみ。仙狐さんの軽い体重だと足ふみが特に良い感じだった様子。お返しに仙狐さんに中野君もマッサージをしてあげている最中に尻尾の付け根あたりが敏感な所だったらしく、仕返しとばかりに仙狐さんにコチョコチョされてしまい、中野君は悶絶。そんな二人の様子をお稲荷様から見ていたシロさんは何か心配事がある様子でした。仕事で終電に間に合わなかったある日、彼の前に現れたシロさんは会社と家の近くの鳥居をつないで中野君を送ってくれて、その途中、気になっていた事を中野君に話します。”仙は先祖の姿を重ねているだけで、あなた自身を見てないかもしれない”と。対する中野君の答えは”理由やきっかけはどうであれ、仙狐さんと過ごす今が幸せだから、 きっと仙狐さんも幸せなんだろうなって”というものでした。この先、二人の関係がどうなっていくのかは分からないけど、この物語が悲しい別れで終わるのではなく、ハッピーエンドを迎えられといいね。

今回で第8話。さっそく視聴開始といきます。


全文表示

アニメ感想 編集

鬼滅の刃 第9話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】鬼滅の刃
【公式】鬼滅の刃
【前の感想】鬼滅の刃 第8話 感想





鬼殺隊の任務で東京浅草に向かった炭治郎は、左近次から名前を聞いていたキブツジムザンに出会いましたが、目の前で通行人を鬼に変えられてしまい、見捨てる事も出来ず、鬼舞辻の後を追うことは出来ませんでした。鬼となった通行人を押さえ込む彼が警察官に取り押さえられそうになったところに現れたのが花柄の和服の女性鬼、”珠世”と書生風の男鬼”愈史郎”。珠世の術で難を逃れた炭治郎は鬼となった通行人も彼女に委ね、禰豆子と共に彼女の家を訪ねました。珠世は鬼でもあり、医者でもあり、200年以上かかってただ一人だけ人を鬼にする事に成功していて、それが愈史郎でした。炭治郎にとって重要なのは、彼女も鬼となったものを人に戻す方法を探している、ということ。その為に禰豆子の血を調べることと、鬼舞辻の血の濃い鬼の血を採取することの協力を求められましたが、そこで炭治郎の足跡を追って来た鬼舞辻の手下2人に襲われる事に。

今回はこの2人の手下。手毬をもった女(朱紗丸-すさまる)と矢印男(矢琶羽-やはば)による襲撃から始まるのでしょうが、鬼舞辻の手下が並の鬼のわけがないだろうし、苦戦を強いられそうですね。炭治郎はどのようにして彼らを退けるのか。彼らを捕らえ、鬼舞辻に関する情報を引き出し、彼らの血を採取できれば言う事ナシですが、そんなに事が上手く運ぶかどうか。

今回で第9話。それでは、視聴開始といきます


全文表示

アニメ感想 編集

賢者の孫 第8話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】賢者の孫
【公式】賢者の孫
【前の感想】賢者の孫 第7話 感想





魔法師と騎士の連携を目的とした騎士学院との合同訓練は終わったけど、帝国で魔人が跋扈する状況から、シン達は魔法研究会のメンバーで強化合宿をする事になりました。シュトロームは今のところ他国に攻め込む気配は見せてないようだけど、今後どう出てくるのか全く分からないので、今のうちにできる事はやっておきたいところですね。前回でシシリーの実家の温泉地を訪れ、温泉に入ってくつろいだところだけど、合宿には賢者マーリンと導師メリダも同行していて、彼らを鍛えてくれるみたい。研究会のメンバーはシンの助言で魔力制御の技を磨くことでかなり力がついてきてるみたいだけど、実戦経験があるわけじゃないし、魔人が相手なら命を懸けた戦いとなるんだろうし、遊びの延長よりも、もっと実践的な合宿になりそうでしょうか。

それでは、今回は第8話。視聴開始といきます。


全文表示

アニメ感想 編集

ワンパンマン 第20話 感想

カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】ワンパンマン
【公式】ワンパンマン
【前の感想】ワンパンマン 第19話 感想






ようやく異種格闘技戦が終わりましたね。元はと言えば、武術を使うガロウ対策だったけど、結局何も得るものがないまま終わってしまったから、なくても良かったんじゃ…と思わなくもないです。怪人襲来の件もそろそろなんとかして欲しいところだし、ガロウさんもただヒーロー狩りをするだけならちょっと飽きてきたし、話を進めて欲しいかな。

前回で個人的に気になってるのはS級4位のアトミック侍。仲間の1人が怪人協会に取り込まれたことで、怪人協会を敵とみなしたようでした。アトミック侍やその手下だけでどうにかなる相手ではなさそうだけど、ヒーロー側は今のところ怪人協会の情報はなにも持ってなさそうだし、この線で反撃の糸口を掴みたいところです。

が、その前にジェノスを倒したと思われる怪人”ゴウケツ”が競技会場の方に向かっているのでしたね。さらなる破壊か、大会の終わったサイタマが動き出すのか。

今回で第20話。さっそく視聴開始といきます


全文表示

アニメ感想 編集

ぼくたちは勉強ができない 第8話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】ぼくたちは勉強ができない
【公式】ぼくたちは勉強ができない
【前の感想】ぼくたちは勉強ができない 第7話 感想





前回では真冬先生が少し身近に感じられるようになってきました。成幸が木に登って降りられなくなった子猫を助けようとした事をきっかけに、足を痛めた真冬先生を家に送っていく事になったけど、部屋に上がってみればなんでもキチンとしてそうなイメージとは裏腹に、私服はジャージで玄関から居間まで散らかり放題。頼んでもないのに勉強も見てくれたりしました。以前は、文乃さん達の希望には耳を貸さない冷たい印象だったけど、その冷たさにも彼女自身の経験からくる教育者としての考えが反映されていることも分かってきました。真冬先生が突然物分りのいい人に変身したりはしないにしても、冷たいだけの人でないことが分かったのは、成幸にとっても良いことだったんじゃないでしょうか。真冬先生は自分の若い頃の選択を後悔していて、だからこそ彼女達には選択を誤ってほしくないということなんだろうし、全く聞く耳を持たないこととは大きな違いがあるでしょう。彼女が文乃さんたちと今後どう関わっていくのかは分からないけど、成幸たちのよき理解者となってくれる可能性もありそうな気がします。
さて、今回は第8話。視聴開始といきます


全文表示

アニメ感想 編集

ぼくたちは勉強ができない 第7話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】ぼくたちは勉強ができない
【公式】ぼくたちは勉強ができない
【前の感想】ぼくたちは勉強ができない 第6話 感想





これまでは学園長の後ろに立って成幸に冷めた視線を投げかけている印象の強かった真冬先生がようやく物語に関わってくるようになりました。合宿先で事故とは言え理珠さんとキスしてしまったところを先生に見られてしまい、どうなることかと思ったけど、教育係を担当する3人から信頼されていることを確認できたせいか、今回のことはとりあえず不問になって一安心。

真冬先生との面談の中では、彼女がなぜ文乃さんや理珠さんの教育係の件で冷めた表情を見せているのかもなんとなく見えてきました。どうやら彼女自身の過去に理由がある様子。”才能をどぶに捨てて、一時の感情で道を誤った末に…”という言葉は、真冬先生が自分の才能よりもやりたいことを優先した過去を後悔している、ってことなんでしょう。だから文乃さん達にはある程度の強制力をもって臨むべきで、彼女達の不得意分野を教育係をつけてのばしていくというやり方そのものに賛成できないようでした。彼女の賛同を得るには文乃さんたちが結果を出していく事が大事そう。

後半はうるかさんがちょっと大胆な行動に。成幸のキスの噂を耳にして落ち込んでしまっていた彼女だけど、水泳部仲間の悪知恵でスカート短め、胸元を大きく広げて成幸の前に。成幸もそこは男の子。つい視線が胸元にいってしまったりしたけど、好きな人に見てもらえる。少なくとも無関心じゃない、ってことが分かってうるかさんも気分上昇。好きな人が意識してくれているってことはそれだけで特別なことのようでした。

既に第8話が放送されて周回遅れになってしまい、なんとか連続で感想をあげたいところですが、今回は第7話。視聴開始といきます。


全文表示

アニメ感想 編集

鬼滅の刃 第8話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】鬼滅の刃
【公式】鬼滅の刃
【前の感想】鬼滅の刃 第7話 感想





炭治郎は鬼殺隊に入って最初の任務で、地面などにある種の異空間を作り上げる術を用いる鬼と対峙しました。危ないところもあったけど、禰豆子が戦闘に介入したこともあり、なんとか退けることに成功。この任務の中では、人を鬼に変える血を持つキブツジムザンの情報を得ることも目的の1つだったけど、捕らえた鬼はその名前を知ってはいたものの、その名前に怯えるばかりで何も語らず、再び襲い掛かってきたため、やむなく排除。結局何も情報を得られないままかと思われたけど、次の任務で赴いた東京浅草で、炭治郎は強烈な気配を捉えました。駆けつけた先には人間のフリをして家族までもっている鬼舞辻本人が。呼び止めた炭治郎が何者なのかを試すためなのか、眼前で道行く人の首筋を一かきして鬼に変え、愕然とする炭治郎を冷静な目で観察しているようでした。新たに鬼とされてしまった人が巻き起こす騒動で逃げる様子でもありませんでしたが、炭治郎はどのように鬼舞辻と向き合うのでしょうか。重要なことは禰豆子を元に戻す方法を聞きだすことで、必ずしも戦うことではないけど、禰豆子のために何か情報を得ることが出来るのかどうか。

それでは、第8話 視聴開始。


全文表示

アニメ感想 編集

世話やきキツネの仙狐さん 第7話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】世話やきキツネの仙狐さん
【公式】世話やきキツネの仙狐さん
【前の感想】世話やきキツネの仙狐さん 第6話 感想





前回、中野君にモフられそうになって逃げ出したシロさんは近寄ってこないのかと思ってましたが、何事もなかったかのように再び現れた彼女はやっぱりマイペースでした。ゲームで遊び倒し、仙狐さんの作ってくれたおはぎを独り占め。それでもどこか憎めないのは彼女のキャラクターなんでしょう。ゲームをやるときに千里眼で相手の思考を読むっていうのは反則だけどね。後半はシロさんが壁から侵入してしまったことなどのお詫びとしてお隣さんに仙狐さんが稲荷ずしのお弁当を差し入れ。散らかり放題の部屋を見かねて掃除をしてあげると、お礼として出てきたのはなぜかメイド服。漫画の資料のようだったけど、それを仙狐さんに着せてポーズ&激写で鼻息を荒くしていたお隣さんでした。仙狐さんも”中野君をイチコロに”と言われてその気になってしまったのは、彼女の中で何か心境の変化があったからなんでしょうかね^^

それでは、今回は第7話。視聴開始といきます


全文表示

アニメ感想 編集

賢者の孫 第7話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】賢者の孫
【公式】賢者の孫
【前の感想】賢者の孫 第6話 感想





前回ではシュトロームが何を目指しているのかはともかく、まず帝国を崩壊させることが第一目標だったようでした。彼は手ごまを利用して誤った情報を帝国に流し、皇帝は王国に戦いを仕掛けたものの、待ち受けていた王国軍によって軍は大打撃を受けたあげく、手薄になった帝都で魔物が暴れまわる始末。慌てて帝都に戻った皇帝はシュトロームによって消されてしまいました。王国側も廃墟となった帝都の調査でシュトロームが生きていることを知り、多くの魔人が目撃されたことから、王国内で対策を練ることに。その一環として、魔法学院では騎士学院との連携を目的に合同訓練を行うことになりました。合同訓練では魔法学院生を見下す騎士学院生も、彼らだけでは魔物の撃退は困難であることを実感したようだったから、一応の成果はあった様子。ただし、シンとしてはシシリーに近づこうとする騎士学院生達に大分フラストレーションがたまっていたみたいですが^^

今回は第7話。研究会で強化合宿を行うことになるようだけど、シュトロームが王国に対してどう出てくるのか分からない以上、シンはまず仲間の魔法技能を高めていく方針ということでしょうか。

それでは、さっそく視聴開始といきます


全文表示

アニメ感想 編集

ワンパンマン 第19話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】ワンパンマン
【公式】ワンパンマン
【前の感想】ワンパンマン 第18話 感想





前回は怪人が連続多発テロのごとき様相で暴れまわる一方で、サイタマが参加している異種格闘技大会がようやく開始。優勝候補のスイリュウが順当に勝ち上がる一方、サイタマが同じく優勝候補の一角と目されていたバクザン選手をワンパンで倒してしまいましたんで、決勝はスイリュウvsサイタマの戦いになりそう。ただ、怪人たちは大会会場周辺にも出没し始めたようで、大会の運営が今後どうなるか。ジェノスが対応にあたって数体の怪人を倒したものの、どうやら”ゴウケツ”という怪人にやられてしまった模様。この怪人は会場に向かっているようで、大会のほうは決勝戦まで行うことが出来るのかどうか、ちょっと雲行きが怪しい感じ。サイタマはまだ怪人があちこちで出没していることを知らないようだけど、ジェノスを倒すほどの強敵なら、彼の出番が欲しいところですね。あと、前回ラストで怪人王オロチが出てきました。手下から戦況報告を受けているだけでしたけど、怪人王自ら暴れまわるようなこともあるんでしょうか。ガロウさんは怪人の出没など意に介せず、ヒーロー狩りを続けていくようで、次の狙いは番犬マンのようでしたが、こちらはどうなるんでしょう。怪人出没の件にしても、ガロウさんの件にしても、ヒーロー達はあまりいいところがないので、このままだとヒーローなんかいらないんじゃ?という声も出てきそうな気がするけど、今回はどうやらS級の出番のようです。

さて、今回で第19話。さっそく視聴開始といきます。


全文表示

アニメ感想 編集

鬼滅の刃 第7話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】鬼滅の刃
【公式】鬼滅の刃
【前の感想】鬼滅の刃 第6話 感想





鬼殺隊に入った炭治郎の初任務は、若い女性が次々と姿を消していく街で鬼を討伐することでした。隊の制服を初めて身につけ、左近次が禰豆子のために作ってくれた日よけの木箱を背負い、現地に赴いた彼が遭遇したのは、1人の鬼でありながら、3体に分離して行動し、土や壁の中を自在に移動する術を使うやっかいな鬼。危うく鬼の攻撃が炭治郎に届きそうなところで禰豆子の足が箱の中から伸び、鬼の顔面に。以前お堂で鬼に遭遇した時のことを考えると意外でしたけど、禰豆子の顔には自ら戦う意思が表れていました。彼女が眠っている間に左近次が暗示をかけ、人は救うべきもの、鬼は倒すべきもの、といった認識が彼女の中で強固なものとなっているようでした。今回はこの鬼との戦いの続きになるけど、重要なことが1つ。それは、人が鬼になる血を持つ鬼の起源とも言える”キブツジムザン”という鬼のことを探ること。その為には、対峙する鬼に勝利することはもちろん、首を日輪刀で刎ねる前に無力化する必要がありそう。禰豆子が戦力としてどの程度の力をみせてくれるのかはまだ未知数だけど、戦いの行方が非常に気になるところです。

それでは、第7話、視聴といきます


全文表示

アニメ感想 編集

世話やきキツネの仙狐さん 第6話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】世話やきキツネの仙狐さん
【公式】世話やきキツネの仙狐さん
【前の感想】世話やきキツネの仙狐さん 第5話 感想





”このシロ様が甘やかされてあげるわ!”
と前回登場した仙狐さんの同僚神使のシロさんは、
自分に仕えさせる事で人は幸せになる、という
考えみたい。小さな女王様といった感じでしたが、
中野君の欲望をなにやら魔法っぽい術で強引に
引き出したのはいいけど、彼女の尻尾をモフモフ
したいだけのゾンビのようになってしまい、
恐怖からか、あるいは単に気味が悪かったからか、
逃げ出してしまったシロさんでした。全く尻尾に
触らせてもらうことも出来なかった中野君も多少
可哀そうではあったけど、仙狐さんがいるんだし、
浮気はダメだよね、ということで^^
中野君にはもう近づかないのかと思えば、なにやら
今回もまたシロさんが登場する様子。今回はモフモフ
させてもらえたりするんでしょうか。
それでは、第6話。視聴開始といきます


全文表示

アニメ感想 編集

賢者の孫 第6話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】賢者の孫
【公式】賢者の孫
【前の感想】賢者の孫 第5話 感想





前回、シンは研究会を通じて仲間達の魔法力を高めることにしたようだけど、帝国との間で戦争が始まりそうな雰囲気なので、いつか彼らの実力アップが活きてくるような展開になるかもしれませんね。シンの武器の新調や、同型の武器を量産するように軍に進言することにしたオーグの言葉も、両国間の争いの中で、重要な意味を持ってくる可能性もありそうです。

一方、帝国のほうでは、どうやらシュトロームが怪我の療養をしながら手ごまを使って暗躍してる様子でした。彼が最終的に何をしようとしているのかはまだ分からないけど、彼自身は帝国の役人の類ではなく、両国を戦わせるその先に、彼の狙いがありそうな気がします。そして、その目的の達成にシンの存在が邪魔ならば、近いうちにまた彼の前に姿を現すことになるんじゃないでしょうか。

それでは、第6話、視聴開始。


全文表示

アニメ感想 編集

ワンパンマン 第18話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】ワンパンマン
【公式】ワンパンマン
【前の感想】ワンパンマン 第17話 感想





前回、S級ヒーローの金属バットさんはいい所を見せることもなくガロウに敗れてしまい、結果だけみればヤラレ役っぽい感じに。怪人があちこちで出現してた件では、対応にあたっていたヒーロー達がことごとく敗北し、B級1位のフブキさんだけが、一矢報いることができそうな雰囲気でした。肝心のサイタマはと言えば、怪人の大量発生で緊急事態のはずなのに、異種格闘技戦に参戦。熱い戦いならまだ良かったけど、ビンタ一発で雑魚に勝利しても、ちょっと面白いとは言い難い展開でした。これからに期待したいところだけど、ガロウ対策と同時に怪人の襲来本番にも備える必要がありそう。サイタマはここのところあまり活躍を見せてもらってないので、早いところ格闘技の大会を片付けて、いい所を見せて欲しいかな。もとよりヒーローが毎回活躍するような作品ではなかったかもしれないけど、ここ数話、いま1つ盛り上がりに欠けているような気がするんですよね。つまらないっていうんじゃないけど、見どころがない、とでも言えばいいでしょうか。ガロウのバトルも見慣れてきたし、このままヒーロー狩りを何話も引っ張るのは避けて欲しいところ。

今回は第18話。格闘技戦の方が動き始めるんだろうと思いますが、サイタマはこの大会で何かを得ることが出来るんでしょうか。それでは、視聴開始といきます。


全文表示

アニメ感想 編集

ぼくたちは勉強ができない 第6話 感想

【カテゴリー】アニメ感想
【ブログ内】ぼくたちは勉強ができない
【公式】ぼくたちは勉強ができない
【前の感想】ぼくたちは勉強ができない 第5話 感想





前回は、成幸が教育係になったばかりの頃のに比べて、理珠さんの彼に対する意識の変化が自分的には見どころでした。学習強化合宿で勉強しながらも、理珠さんはいつの間にか成幸のことを見てしまっていて、意識しないようにすると、不自然な行動になってしまい、彼女自身も多少困惑気味。雨の中、彼女を迎えに来た成幸と、足を滑らせて唇が触れ合ってしまい、さらにギクシャクしてしまったりもしたけど、無断外出の罰則として2人で行った風呂掃除でのドタバタを通じて、吹っ切れたようでした。

理珠さんの意識が変わりつつあるのは確かだけど、それがすぐに恋愛感情になるような段階でも無さそうでした。彼が教育係になる前は、多分誰も彼女の心の壁の内側に入ってくるような男性はいなかったんだろうし、彼を信頼することから始まった関係だからこそ、理珠さんは成幸のことを意識してしまうんでしょう。それが恋愛感情として形をもっていくのか、教育係と生徒としての距離を見つけてそれを維持していくのか、まだこれから、というところでしょうか。他の二人もいることだしね。

本日は第6話。
前回からの続きなら、理珠さんとの一件で桐須先生と対決することになりそうな雰囲気だったけど、どうなるんでしょう。これを口実に成幸を教育係から引きずりおろそうと動き始めるのでしょうか。彼女のこれまでの表情や数少ない言動から判断すると、あまり良い印象がないんですよね。自分が失敗した教育係を成幸がまともに務められるわけがないと決めてかかってるんじゃないかと思えますが…。

それでは、視聴開始といきます。


全文表示

アニメ感想 編集

Anime Square | Page Top▲

ブログ検索
-------------------------

日付検索

   

カテゴリ
BD・DVD情報
CD情報
他グッズ
ゲーム
コミックスINDEX
限定本
アニメ関連書籍
ライトノベル発売予定
画集・FB等
雑誌
その他書籍
フィギュア
フィギュア(グッスマ)
フィギュア(壽屋)
フィギュア(キャラアニ)
フィギュア(マックス)
フィギュア(アルター)
フィギュア(スカイチューブ)
フィギュア(メガハウス)
フィギュア(WAVE)
フィギュア(オーキッドシード)
フィギュア(フリュー)
フィギュア(Freeing)
フィギュア(プラム)
フィギュア(海洋堂)
フィギュア(ユニオンクリエイティブ)
フィギュア(ファット)
フィギュア(オルカトイズ)
フィギュア(KADOKAWA)
フィギュア(キューズQ )
フィギュア(ベルファイン)
フィギュア(アクアマリン)
フィギュア(ブロッコリー)
フィギュア(ダイキ工業)
フィギュア(ウイング)
フィギュア(アルファマックス)
フィギュア(バンダイスピリッツ)
フィギュア(その他)
コミックス
コミックス:電撃コミックス
コミックス:アライブ
コミックス:フラッパー
コミックス:ジーン
コミックス:ドラゴンコミックスエイジ
コミックス:ジャンプ
コミックス:ヤングジャンプ
コミックス:少年マガジン
コミックス:ヤングマガジン
コミックス:月刊少年マガジン
コミックス:少年サンデー
コミックス:ゲッサン
コミックス:カドカワコミックスA
コミックス:チャンピオンRED
コミックス:ヤングチャンピオン
コミックス:少年チャンピオン
コミックス:ビッグガンガン
コミックス:ヤングガンガン
コミックス:ガンガンJOKER
コミックス:ガンガンONLINE
コミックス:Gファンタジー
コミックス:少年ガンガン
コミックス:まんがタイムKR
コミックス:芳文社コミックス
コミックス:まんがタイム
コミックス:百合姫コミックス
コミックス:REXコミックス
コミックス:ぱれっと
コミックス:ZERO-SUM
コミックス:DNAメディア
コミックス:ヤングアニマル
コミックス:アフタヌーンKC
コミックス:モーニングKC
コミックス:イブニングKC
コミックス:シリウスKC
コミックス:KCデラックス等
コミックス:マガジンエッジ
コミックス:ブレイド
コミックス:アース・スター
コミックス:リュウコミックス
コミックス:サンデーGX
コミックス:ビッグコミックス
コミックス:GUM COMICS
コミックス:星海社
コミックス:ファミ通クリアコミックス
コミックス:ヤングキング
コミックス:メテオCOMICS
コミックス:ゼノンコミックス
コミックス:ヴァルキリーコミックス
コミックス:エッジスタコミックス
コミックス:キューン
コミックス:アクションコミックス
コミックス:ヒーローズ
コミックス:サイコミ
コミックス:ニチブンコミックス
コミックス:モンスターコミックス
コミックス:バンブーコミックス
コミックス:ガルドコミックス
コミックス:ハルタコミックス
コミックス:バーズコミックス
コミックス:ビームコミックス
コミックス:HJコミックス
コミックス:バンチコミックス
コミックス:コロナコミックス
コミックス:サンデーうぇぶり
コミックス:ビーツコミックス
コミックス:ジーンLINE
コミックス:アルファポリス
ニュース
アニメ感想
未分類
RSSフィード